キャンドルデザインマスター認定試験の難易度・合格率・日程など

環境の資格
キャンドルデザインマスター認定試験は、もとはキャンドルマイスターデザインという名の認定試験でした。

キャンドルごとの特徴、材料、作り方と言ったキャンドルそのものの知識と、キャンドルを生活に還元する知識が問われます。

キャンドル作りをもう趣味としてされている方にとっては、それ程、難易度の高い試験ではないのですが、キャンドル作りをこれから始めたいという方は、まずは試験対策講座などに参加してから受験に挑戦されるといいかと思います。

とはいえ、試験自体は、どなたでも受験することができます。インターネット申し込みの在宅受験なので、じっくり腰を据えて受験できます。

キャンドルの光は人の心を癒します。世界にただひとつのキャンドルを作り、自分自身を癒すのもいいですし、お友達にプレゼントするのも素敵です。

資格取得の理由は、講師やショップのオーナーになることでなくてもいいはずです。趣味のレベルをひとつ上に上げるために取得を目指されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 キャンドルデザインマスター認定試験
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 自宅など
試験方法 在宅受験
免除科目
合格基準 70%以上の評価
受験料 10,000円
問い合わせ 日本デザインプランナー協会

試験日程

偶数月の中旬(年6回)

試験内容

  • キャンドルの材料と道具,材料の種類,道具の種類
  • キャンドル作りの基本,よく使われる技法,色や演出について,オリジナルのキャンドル
  • キャンドルの工夫と灯し方,キャンドルの工夫,キャンドルの灯し方
  • キャンドル作りのレシピなど

受験者数・合格率

合格率は80%以上

試験の難易度

在宅受験であることから試験の難易度はそれほど高くないと思われます。

合格率も80%以上あると言われているので、キャンドルに関する基本的な知識があれば十分合格可能です。

試験の勉強

勉強法 準備中
テキスト キャンドルに関するテキストを探す
通信講座  –

資格を活かせる仕事

この資格を取得すると、キャンドルに関する仕事に就くのに、とても有利となります。

例えば、キャンドルを扱うショップへの勤務です。キャンドルマスターの資格があると言うことは、キャンドルに使われている材料や特徴、効能などの知識を持っているということです。

この知識があれば、キャンドルを買いに来たお客さまへ的確なアドバイスをすることができます。販売店としても、これらの知識を学んでいる有資格者を優先的に必要とします。

また、販売だけではなく、カルチャースクールやハンドメイドのイベントなどでキャンドル作りを教える仕事にも活かすことができます。または、キャンドルアーティストとしても、この資格を活かすことができます。

自分の制作した商品をインターネット上で販売をしたり、キャンドルと取り扱うインテリアショップなどに委託販売する際には、有資格者ということは有利に働きます。

資格を持っているということで、相手に信頼感を与えることができるからです。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事