ハーブ検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ハーブ検定【2級】
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級・2級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 東京、札幌、新潟、名古屋、大阪、広島、北九州
試験日程 1月・4月・7月・10月(年4回)
申込期間 試験の約2週間前まで
受験料 8,640円(1級・2級)
問い合わせ先 日本ハーブセラピスト協会
スポンサーリンク

概要

ハーブ検定は日本で最初に実施された、ハーブのスペシャリストのための検定です。多くの種類があるハーブについて、その効果や利用方法など知識を問う検定になっています。

ハーブの基本的な知識を身に着けていることを証明できる検定となっています。ハーブ検定には、2級と1級があります。両方に合格すると、ハーブセラピスト養成上級講座を受講できます。

さらにハーブセラピスト認定試験に合格することで、ハーブセラピストになることができます。さらに上級の資格を取ることにもつながります。ハーブのスペシャリストを目指すにあたって、最初に押さえておくべき資格になります。

ハーブの歴史、栽培方法、ハーブティーの知識、ハーブのブレンド方法など、幅広い知識が問われます。ハーブの役割や効果についてもっと詳しくなりたい、と考えている方が多く受験しています。

ハーブを使った美容や健康に関心がある女性たちから人気の高い検定です。今までになんとなく、健康にいいというイメージで使ってきたハーブやハーブティーについて、しっかりとした知識を身に着けることが必要になります。

最初はあまり知識がない状態から勉強をはじめている人も多く、楽しく学びながら大好きなハーブについての知識を身に着けることができます。

ハーブ検定に合格できる能力があれば、自分の美容や健康にいかすだけでなく、家族や友人など、周囲の人にハーブの魅力や効果を伝えることができるようになります。

資格の詳細はコチラ

試験内容

試験は選択式と記述式で60分実施されます。

1級

  • ハーブの歴史
  • ハーブテイーのブレンド
  • 2級検定に該当するベーシックハーブのほか10種類
  • ハーブと環境
  • 茶などのし好飲料とブレンド

2級

  • ハーブの定義
  • ハーブの利用法
  • ハーブの栽培法
  • ベーシックハーブ10種類

合格基準

70~80%の正解率(年度により異なる)

受験者数・合格率

合格率は1級で40%程、2級で70%程になります。

試験の難易度

あくまで趣味の延長の資格になるので、難易度としては高くありません。

上位級である1級だと合格率が40%程にはなりますが、公式テキストがあり勉強もしやすいので、キチンと対策を立てれば初めての受験でも十分合格可能です。

試験の勉強

基本的に協会が公認している公式テキストから出題されます。

試験自体はそれほど難しくなく、特に対策を立てなくても解ける問題も数多くあるので、まずは問題集をこなして問題に慣れていき、分からない点はテキストを読んで勉強していけばいいでしょう。

それでも勉強に不安な方には、「日本ハーブセラピスト協会」のHP内で通信講座及び通学講座の紹介を行っているので参考にしてみてください。

勉強法 準備中
テキスト ハーブ検定1・2級―ハーブのある暮らしを実現する
ハーブのある暮らしを実現するハーブ検定1・2級に合格する問題集

資格を活かせる仕事

ハーブ検定に合格して、さらにハーブセラピスト認定試験に合格すると、ハーブセラピストになることができます。

ハーブに関する講座の講師として、ハーブの魅力や効能を伝えることができます。企業や自治体、カルチャースクールなどに講師として派遣されることで、経験を積むことができます。

また自宅などを使ってハーブサロンを開業することもできます。ハーブティーの淹れ方を教えたり、ハーブティーのブレンドを考案したり、といった形で知識を生かすことができます。またハーブを使った料理やお菓子のレシピを使って、料理教室で提供することもできます。

ヨガ教室やリラクゼーションサロンと組み合わせて事業を展開することもできます。ハーブの知識があれば、より説得力のある講座や事業を展開することができます。

ストレスの多い社会のなかで、少しでも身心を健康に保ちたいと思っている人は多いですね。その人たちにひとつの癒やしの方法として、ハーブを取り入れた暮らしを提案することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年10月29日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事