花検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 花検定
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 2級、3級、4級、5級
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験(択一式)
試験場所 東京・名古屋・大阪・福岡
試験日程 9月上旬
申込期間 7月下旬まで
合格発表 試験の約1か月後を目途に発表
受験料 2級:6,000円
3級:5,000円
4級:4,000円
問い合わせ先 公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会
スポンサーリンク

概要

花検定とは、花を愛する初心者からプロまで幅広く対象にした試験で、2014年度から実施されたばかりの新しい資格です。

試験はフラワーデザイナー試験を実施している「日本フラワーデザイナー協会」が実施しています。

試験は上級レベルの2級から初心者レベルの4級まであり、2015年度からは5級も追加される予定です。

試験内容

試験は「花検定 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会テキスト」から出題されます。

2級

上級レベル(テキスト1~20章から出題)

3級

中級レベル(テキスト1~14章から出題)

4級

初級レベル(テキスト1~4章から出題)

免除科目

なし

合格基準

80問中56問以上正答(正解率70%以上)

受験者数・合格率

第1回(2014年度)の合格率は、2級:45.7、3級:58.1%、4級59.6%になります。

試験の難易度

公式テキストから出題される様なので、キチンと対策すればそれほど難しくないかもしれません・・・

日本フラワーデザイナー協会の検定ホームページ内に練習問題も掲載されているので併せてご覧ください。

試験の勉強

まだ新しいい資格で、数回しか試験を実施していないので、試験傾向が分からず対策を立てることは難しいですが、先ほども言いましたが試験は花検定 公益社団法人日本フラワーデザイナー協会テキストから出題されるので、そのテキストを中心に勉強するのがベターです。

自分で勉強するだけでは不安な方は、毎年8~10月に直前対策講座を実施しているので受講してみても良いかもしれません。

勉強法 花検定 勉強法(準備中)
テキスト 花検定 テキスト

資格を活かせる仕事

この資格を取得したからと言って就職や転職に有利になるとは考えにくいですが、フラワーデザイナーとしての道が開けるかもしれません。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク