ご当地資格一覧(36資格)

ここでは全国の商工会議所などで実施されている、ご当地資格(32資格)の受験者数や合格率などを一覧・比較して掲載していきます!

しかく姫のアイコン画像しかく姫

色んな資格があるんですね~~

スポンサーリンク

ご当地資格一覧

資格侍のアイコン画像資格侍

資格名をタップ(クリック)すれば詳細が見れます!スマホでは

資格名区分受験者数合格率受験料試験日
北海道観光マスター検定680人53%4937円11月下旬
宮城マスター検定1級230人2.6%無料11月中旬
盛岡もの織り検定1級、2級、3級310人54.9%2000円12月中旬
秋田ふるさと検定1級、2級、3級非公開70~90%2200円9月上旬
川崎産業観光検定非公開非公開1620円3月中旬
富士山検定1級、2級、3級、ジュニア非公開非公開無料随時
水戸歴史文化検定109人71.6%無料12月中旬
伊賀学検定初級・中級・上級非公開非公開1500円2月中旬
日光検定1級、2級、3級81人87.7%2000円9月上旬
奈良検定1205人74.2%3240円1月上旬
鎌倉検定1級、2級、3級685人82.7%5000円11月下旬
金沢検定初級、中級、上級2405人2.5%1000円11月上旬
ふるさと小松検定メモリアル・上級・中級・初級1101人16%500円11月中旬
NAGANO検定161人80.7%2200円11月上旬
信長の台所歴史検定津島の達人・上級・WEB非公開非公開1000円3月中旬
検定「お伊勢さん」初級、上級282人32.1%1600円12月上旬
京都・観光文化検定1級、準1級、2級、3級7822人66.7%3300円12月中旬
なにわなんでも大阪検定上級、初級3011人98.7%3800円10月中旬
姫路検定1級、2級、3級541人71.3%2200円12月上旬
ひろしま通認定273人59.3%2500円1月中旬
晴れの国おかやま検定達人、博士579人72.2%1100円2月上旬
鳥取砂丘検定基礎、一般、上級55人94.1%500円10月下旬
松山観光文化コンシェルジュ中級・初級非公開非公開無料随時
福岡検定初級・中級・上級686人62.6%2600円1月中旬
長崎歴史文化観光検定1級、2級、3級352人77.9%2160円2月上旬
熊本・観光文化検定1級、2級、3級192人51.2%3150円2月上旬
みやざき観光・文化検定1級、2級、3級非公開非公開3300円12月中旬
かごしま検定マスター3種類非公開非公開3300円6月、9月、2月
沖縄歴史検定1級、2級、3級非公開非公開1600円9月上旬

※2019年11月18日時点の情報

・受験者数と合格率は直近試験のデータを掲載
・受験者数は区分(1級など)の合計数
・合格率や受験料は一番下の区分で掲載

スポンサーリンク

ご当地資格何でもランキング

「人気」のご当地資格ランキング

順位資格名受験者数(年)
1位京都・観光文化検定7822人
2位なにわなんでも大阪検定3011人
3位金沢検定2405人
4位奈良検定1205人
5位ふるさと小松検定1101人

京都のご当地資格がダントツで一番人気です。さすが京都。

ご当地資格と言えば趣味で取得される方が多いですが、京都・観光文化検定については、観光などのサービス業に従事している方が受験しているケースも多いです。

京都新聞やメディアなどで取り上げられる機会も多く、年々受験者は増加しています。

大阪検定は初級についてはほぼ合格率は100%なので、気軽にチャレンジしやすいから人気があるという側面もがあります。

非公開の資格は除外しています!

「受験料が安い」ご当地資格ランキング

順位資格名受験料
1位水戸歴史文化検定無料
1位宮城マスター検定無料
1位富士山検定(ジュニア級)無料
1位松山観光文化コンシェルジュ無料
5位鳥取砂丘検定(基礎)500円
5位ふるさと小松検定500円
7位金沢検定(初級)1000円
7位信長の台所歴史検定1000円

ここでは一般の受験料で掲載していますが、多くのご当地資格は学生割引がありますので、どの資格も学生であれば高くても3,000円程度で受験することができます。

しかく姫のアイコン画像しかく姫

無料で受験できるって凄いですね。

「簡単」ご当地資格ランキング

順位資格名合格率
1位富士山検定(ジュニア級)非公開
2位なにわなんでも大阪検定(初級)98.7%
3位鳥取砂丘検定(基礎)94.1%
4位日光検定(3級)87.7%
5位鎌倉検定(3級)82.7%

富士山検定(ジュニア級)は合格率こそ非公開ですが、小学生以下を対象にした試験ということもあり、ご当地資格の中でも一番簡単だと言えます。

大阪検定(初級)と鳥取砂丘検定(基礎)は合格率が90%を超えています。

ちなみに大阪検定は私も実際に試験問題を解いてみましたが、特に対策を立てなくても合格できるレベルでした。

「難しい」ご当地資格ランキング

順位資格名合格率(受験者数)
1位金沢検定(上級)0%(112人)
2位盛岡もの織り検定(1級)0%(28人)
3位日光検定(1級)0%(非公開)
4位宮城マスター検定2.4%(165人)
5位姫路検定(1級)2.8%(36人)
5位福岡検定(1級)7.5%(53人)
5位鎌倉検定(1級)8.8%(187人)
5位長崎歴史文化観光検定(1級)8.8%(34人)

金沢検定1級ですが、2018年度は112人が受験して誰も合格していません。初級でも約2,000人が受験して合格率は2.5%ともはやご当地資格の難易度を遥かに超えています。

その他の資格も合格率は10%以下なので、その辺の国家資格より難易度は高いです。

合格率だけでは難易度を測ることができませんので参考程度にして下さい。

スポンサーリンク