NAGANO(長野)検定の難易度・合格率・過去問など

NAGANO検定とは

長野市は豊かな自然に恵まれ、古来より国宝善光寺、戸隠神社、真田十万石の城下町である松代、川中島古戦場・・・と全国的に知られた名所を数多く有する土地です。
また、1998年には長野冬季オリンピック・パラリンピックが開催されたことも日本人の記憶に残っていることでしょう。
このような奥深い長野市の歴史、文化、近代遺産、信仰、人物、観光等を学ぶことで、長野市の魅力を新たに感じてもらい、長野市への愛着・誇り・関心を更に強めてもらう為に実施されているのがこの検定です。
また、検定に合格することで、長野市を訪れる観光客をおもてなしの心でご案内するきっかけとなること、一人でも多くの「NAGANOファン」が増えることも願って行われています。
問題は、公式テキルトブックから70%、過去問題集から30%出題されます。四者択一のマークシート方式で100問が出題され、70問以上正解で合格となります。

スポンサーリンク

目次

NAGANO検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルご当地
資格区分なし
受験資格誰でも受験できます
試験日程11月上旬~中旬(年1回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所長野市
受験料2,200円(中学生以下は550円)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせNAGANO検定実行委員会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

ジュニアもある

小学生を対象にしたNAGANO検定(ジュニア)も開催されています。

合格基準は70点以上と本試験と変わりはありませんが、公式テキストの中でも覚えやすい常識問題をチョイスしているので、低学年のお子さんでも十分合格可能です。

しかく姫のアイコン画像しかく姫

三者択一なので適当に答えても30点は取れますね(笑)

資格侍のアイコン画像資格侍

ただ問題数が100問あるので集中力を切らさずに試験に挑めるのかが合格へのカギです!

スポンサーリンク

NAGANO検定の試験日

2019年度試験(第7回)

試験日申込期間合格発表
2019年11月10日(日)9月2日~10月4日11月中

NAGANO検定の試験内容

出題形式

四者択一のマークシート方式(100問)

出題範囲

長野市の概要、自然、歴史の歩みと歴史遺産、近代遺産、信仰、人物、観光、文化・スポーツ、生活・行事、産業等「公式テキストブック」より70%、「過去問題」より30%出題。

合格点

100点満点で70点以上

NAGANO検定の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年(第6回)161人80.7%
2017年(第5回)104人85.6%
2016年(第4回)96人76.8%

※公式サイトに掲載されている合格者番号より、受験者数と合格率を独自に算出しているので、若干の相違があることがあります

NAGANO検定の難易度

こういったご当地資格は仕事や学校で活用できる資格ではないので、特に対策を立てずに受験する方が多い中、合格率が80%前後あるので、ご当地資格の中でも難易度は低めです。

NAGANO検定の勉強法

公式テキストの「ながの市完全読本」から7割出題されるので、公式テキストの内容をキチンと理解できればそれだけで合格できる点数を稼ぐことができます。

問題の傾向を知りたいのであれば過去問も併せて購入してもいいですが、先ほども言いましたが難易度が低いので試験に合格するだけであれば、特に必要ないと思います。

ちなみに公式テキスト及び過去問はAmazonや楽天などのネット販売はしていないみたいなので、公式サイト内の販売ページから購入して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる