人気の資格ランキング!年間受験者数1万人以上の資格を紹介!

目的別の資格
ここでは年間の受験者が1万人以上の人気資格をランキング形式で発表していきます。

人気があるということは、それだけ役に立つということなので取得しておいて損はありません。

スポンサーリンク

第1位 英検

年間受験者数(約3,225,000人)

英検1

筆記とリスニングにより実施される英検(実用英語技能検定)は学生を中心に年間300万人以上受験する資格です。(英検IBAとJr含む)

2016年度試験から、4級と5級でスピーキングテストが投入されるので、今までは3級以上しか評価されない資格でしたが、今後は4級と5級でも十分英語力の証明が可能になります。

第2位 TOEIC

年間受験者数(約2,556,000人)

TOEIC1

TOEICは全世界共通のテストになり、海外での資格認知度も高いので、特に外資系の企業に就職目指す学生さんにお勧めの資格です。

第3位 漢検

年間受験者数(約2,103,000人)

漢字検定1

学生時代に一度は受験したことがあるであろう漢検。

正しい日本語を身につけるキッカケになる資格ですが、英検やTOEICに比べると就職や転職で有効活用しにくく、どちらかと言えば趣味の要素が強い資格になるので、受験者数は年々減少している傾向にあります。

第4位 日商簿記検定

年間受験者数(約600,000人)
簿記検定1

自分が勤める会社の経営状態を客観的に把握できるため

第5位 Excel表計算処理技能認定試験

年間受験者数(約550,000人)

excel

サーティファイが実施しているExcel表計算処理技能認定試験。

資格を取得すれば、Excelの実務スキルの証明になり就職や転職に有利になりやすいので、事務職を目指す学生を中心に人気のある資格です。

スポンサーリンク

人気資格を厳選しました!

年間10,000人以上の受験者がチャレンジしている資格を集めました。試験主催団体が受験者数を非公開にしてるものもありますので、参考程度に捉えて下さい。

看護師や行政書士の様にその資格が無いと業務ができない資格(業務独占資格)から、漢検や英検などの受験のときに有利になる資格、簿記検定や秘書検定など、就職や転職のときに大きな武器となる資格が揃っています。

※カッコ内はおよその年間受験者数

語学

IT(パソコン)

船・航空・車

事務(経営・労務など)

建築・電気

治安

法律

教育

医療

介護・福祉

環境・自然

動物

なし

保安・技術

衣服

料理

美容

生活

クリエイター

スポーツ

  • 小型船舶操縦士免許(約57,000人)

その他

娯楽

なし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事