福岡検定試験の難易度・合格率・テキスト

福岡検定とは

福岡は、長い歴史の中で培われた伝統や文化に恵まれ、同時に博多湾に代表される豊かな自然から、西日本でも独自の個性と魅力で栄えています。
福岡検定には、福岡の魅力を広く深く知ることで、思わず福岡自慢をしてしまうような「福岡通」になってもらいたいという願いが込められています。
福岡検定は、初級、中級、上級に分かれています。
公式ブックの他、HPではゲーム感覚で勉強出来たり、福岡の魅力を動画で説明したりと、楽しみながら福岡を知ることが出来るようにしているので、是非利用しましょう。
各級合格者には、「福岡おもてなしマスターバッジ」が贈られ、また、合格カードを見せることで、多くの観光施設等の割引を受けられる特典もあります。
お笑い芸人の「博多華丸・大吉」さんも受験しました!

スポンサーリンク

目次

福岡検定の基本情報

福岡検定
資格種別民間資格
ジャンルご当地
資格区分上級・中級・初級
受験資格誰でも受験できます(上級のみ中級合格者)
試験日程1月中旬(年1回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所福岡商工会議所
受験料【上級】5,700円【中級】3,600円
【初級】2,600円
※中学生以下は割引あり
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ福岡検定実行委員会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

福岡検定の試験日

2019年度試験(第7回)

試験日申込期間
2020年1月19日(日)11月1日~12月6日

福岡検定の試験内容

出題形式

【上級】筆記試験(マークシート方式・記述問題)
【初級・中級】筆記試験(マークシート方式)

その他に、毎年テーマに沿った問題が出題されます。2019年度試験のテーマは「福岡の食

出題範囲

初級:公式ブック「福岡博覧」及び福岡検定公式ホームページの内容を中心に基礎的な知識を問う。
中級:公式ブック「福岡博覧」及び福岡検定公式ホームページの内容を中心により深い知識を問う。
上級:公式ブック「福岡博覧」及び福岡検定公式ホームページの内容に準拠して,その他,専門的な知識を問う。

合格点

【上級】80問中64点以上(80%以上)
【初級・中級】80問中56点以上(70%以上)
※1問1点

福岡検定の受験者数・合格率

2017年度試験(第5回)

時期受験者数合格率
上級53人7.5%
中級160人42.5%
初級473人62.6%
福岡検定合格

こちらは初級の得点分布と合格者の年代割合になります。

年代については20代~60代の幅広い世代が合格しています。

資格侍のアイコン画像資格侍

最年長合格者は81歳だってさ!凄いね!

福岡検定の難易度

初級の合格率は60%程ですが、福岡の歴史に興味のある方であればそこまで難しい試験ではありません。

ただ上級試験は公式テキストの内容がそのまま素直に出題される訳ではありませんので難易度はグッとと上がります。記述式問題が追加されるのも難易度を上げている要因でもあります。

福岡検定の公式サイト内にて問題を見ることができるので、難易度が気になる方はまずは問題を解いて実感してみて下さい!

博多華丸・大吉も受験したプレ検に挑戦してみる

資格侍のアイコン画像資格侍

僕も挑戦してみたら20問中7問しか正解しませんでした泣。連続正解は1問で終了。

福岡検定の勉強法

こちらの公式テキストがあるので、まずは購入して知識を深めて下さい。

中級・上級向けのテキストとして、「FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと」と「市史だより Fukuoka」も推奨されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる