長崎歴史文化観光検定の難易度・合格率・特典内容など

この検定は、日本でも有数の観光地である長崎市を中心とした歴史、文化、観光(歴史、史跡、神社、寺院、建築、文化財、食文化、伝統文化、南蛮・唐・紅毛文化、しきたり、言葉、平和問題、自然等)について、高度な知識を得ることを目的として、長崎商工会議所が主催するものです。

1級から3級までありますが、1級合格者は、高度な知識レベルを持つ人材として観光客にガイドが出来、次世代に長崎の魅力を伝えられる語り部の役目も出来ると見做されます。

長崎は、古来から西洋や東洋の文化が混ざった、特殊で華やかな文化を持つ一方で、原爆を落とされた悲惨な歴史も持っています。

複雑な歴史を持つ街だけに、これからも長崎独特の文化と平和問題への理解を深め、それを次世代に活かす為にも日本人が受けたい検定と言えるでしょう。

スポンサーリンク

長崎歴史文化観光検定とは

資格名長崎歴史文化観光検定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルご当地
資格区分1級、2級、3級
受験資格なし(1級は2級の取得が必要)
試験日程2月上旬(年1回)
試験場所長崎、東京
試験内容【1級】筆記試験(語句・穴埋他)
【2級・3級】筆記試験[100問以内]
免除科目
合格基準【1級】80%以上の正解
【2級・3級】70%以上の正解
受験料【1級】5,400円【2級】3,240円
【3級】2,160円
登録・更新
評価・評判0件(口コミ投稿
問い合わせ長崎商工会議所
関連資格

長崎歴史文化観光検定の試験日

第14回試験(2018年度)

【試験日】2019年2月3日(日)

第15回試験の日程は未定です。

長崎歴史文化観光検定の試験内容

各区分共に「長崎歴史文化観光検定公式テキストブック」の内容+毎年のテーマに沿った問題が出題されます。

長崎市を中心とした歴史・文化・観光(歴史、史跡、神社、寺院、建築、文化財、食文化、伝統文化、南蛮・唐人文化、祭りと行事、 しきたり、ことば、人物、平和問題、自然 等)

1級

記述式(語句・穴埋他)、短文記述式

公式テキストや各章ごとの参考文献等が範囲

2級

公式テキストの中から50%程度出題

3級

公式テキストの中から70%程度出題

長崎歴史文化観光検定の受験者数・合格率

第14回試験(2018年度)

区分受験者数合格率
1級34人8.8%
2級96人62.5%
3級222人77.9%

※受験者数は、発表されている合格者と合格率を元に算出

長崎歴史文化観光検定の難易度

私も3級の過去問を解いてみましたが、中学生でも解けるレベルなので長崎の歴史にさほど興味を持ってない方でも1週間程度の勉強時間で十分合格可能です。

そもそも長崎の歴史に興味の無い方は受験しませんよね?

2級の問題は見ていませんが、受験資格が無い中で合格率が60%程度あるので、そこまで難易度の高い試験ではないと思われます。

1級になると合格率は一気に1桁になり、2018年度試験に至っては合格者が3人しかおらず、かなり難しい試験だと分かります。

長崎歴史文化観光検定の勉強法

「長崎歴史文化観光検定公式テキストブック」の内容から出題されますので、そちらの内容を理解するところから始めましょう。

ページ数も100ページ程度しかありませんので、毎日仕事や学校終わりに1~2時間しか勉強時間が確保できなくても1~2週間あれば内容を理解することは簡単です。

ちなみにこちらのテキストは、長崎商工会議所や長崎県内にある紀伊国屋、メトロ書店などでお買い求めいただけます。郵送での購入も可能ですので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

同じく、長崎商工会議所から過去問の販売もされているので、ある程度基礎知識がある方でしたら、まずは過去問を解いてみて分かりにくい箇所は公式テキストを見て理解を深めるといった方法が手っ取り早いです。

こちらも公式サイトから郵送で購入可能です。

過去問は1冊220円で買えます!

長崎歴史文化観光検定の合格者特典【2019年度】

合格者には長崎県内にある様々な施設の割引特典を受けることができます。

  • 長崎歴史文化博物館
  • 長崎県美術館
  • 軍艦島デジタルミュージアム
  • 長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館
  • 長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム

など・・・。

例えば長崎歴史文化博物館 ですと、入館料が大人600円→300円、高校生以下ですと300円→150円と半額になるのでかなりお得ですね。

但し、特典を受ける際は合格証の提示が必要になりますので、遊びに行く際に常に携帯していきましょう。

合格証無くしちゃったよ~~

詳しくは、長崎歴史文化観光検定の公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ご当地資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました