【川崎産業観光検定】難易度・合格率・テキスト紹介など

スポンサーリンク

京浜工業地帯を抱え、近代化産業遺産や有名企業の工場が多数存在する川崎市。

その川崎市の産業、産業観光、歴史、自然、文化、地理、川崎市についての時事問題に至るまでが出題されるのが「川崎産業観光検定」です。

かわさき検定は2017年に改訂され、より幅広い層が受けられるようになりました。

川崎市は産業都市として栄えていますが、歴史的・文化的に価値のある工場や、そこで働く職人、作られる製品、また昔の工場跡や産業発祥の地を巡る「産業観光」に力を入れています。

この産業観光の代表的なものが「工場夜景」です。

2008年に始まった「ドラマチック工場夜景ツアー」は、昼間は黒煙を吐く工場群の煙突を美しい観光スポットとして観光客を魅了することに成功しました。

また、2011年には全国初の「第1回全国工場夜景サミット」も開催されて、大反響を得ました。この検定を受けるなら、工場夜景ツアーについての問題も出題されますから、一度は参加しておくと良いでしょう。

試験は100点満点で70点以上が合格となり、合格者には合格証書が送られます。

2017年度試験までは「ようこそ!かわさき試験」と呼ばれていたのでそちらの名前の方が馴染み深いかもですね~!

スポンサーリンク

川崎産業観光検定とは

資格名川崎産業観光検定
人気
将来性
就・転職
難易度
資格種別民間資格
ジャンルご当地
資格区分なし
受験資格なし
試験日程3月中旬(年1回)
試験場所川崎商工会議所等
試験内容筆記試験(択一式[35問]・記述式[2問])
免除科目
合格点100点満点中70点以上
受験料1,620円
登録・更新
評価・評判0件(口コミ投稿
問い合わせ川崎産業観光振興協議会
関連資格

川崎産業観光検定の試験日

2018年度試験

【試験日】2019年3月10日(日)
【申込期間】2019年1月8日~2月1日

2019年度試験の試験日はまだ未定です!

川崎産業観光検定の試験内容

試験は「川崎産業観光読本」「川崎日和り」「川崎産業観光ガイドブック」の内容から出題されます。

問題形式は択一式と記述式

川崎産業観光検定の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開です。

まず受験数ですが、TwitterなどのSNSでの受験しました!的なつぶやきがあまり無いので、受験者数はかなり少ないと思われます。

受験会場も川崎商工会議所がメインになるので、多くても100~200人程ではないかと思います。

他のご当地資格についてもその100~多くても200人ぐらいです。

川崎産業観光検定の難易度

合格率は非公開ですが、公式テキストブックの内容を見ても川崎にあまり興味の無い私が見ても数日勉強すれば何とかなるレベルです。

ましてや受験者のほぼ全員は川崎に馴染みがある、興味がある方ばかりだと思いますので、そういった方からしてみれば簡単に合格できる難易度だと思います。

川崎産業観光検定の試験勉強は無料でできます

川崎産業観光検定の大きな特徴として、テキストを無料でダウンロードできるという点です。

このサイトでも多くのご当地資格を紹介していますが、テキストを無料でダウンロードできる試験ってほぼ見たことがないです。

テキスト代で利益を確保するのが一般的ですが、川崎産業観光振興協議会はかなり太っ腹ですね!

テキストは「川崎産業観光読本」「川崎日和り」「川崎産業観光ガイドブック」の3つ

川崎産業観光検定のご案内」からダウンロードすることができますので、試験対策をする際はまずはダウンロードをして印刷できるのであれば印刷してまとめておきましょう。

PDFファイルなので、PDFファイルをダウンロードできる環境を整えておきましょう!

「川崎産業観光読本」は活字が多く私みたいに勉強嫌いな方は見るだけで萎えてくるので、まずは写真の多い「川崎日和り」と「川崎産業観光ガイドブック」の内容を理解する所から始めた方がスムーズに勉強できるでしょう。

Twitterの評判

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ご当地資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました