水戸歴史文化検定試験の難易度・合格率・試験日など

水戸歴史文化検定とは

水戸商工会議所のおもてなし事業の一つとして行われています。
おもてなし事業とは、水戸の魅力を多く人に伝え、観光に訪れる機会を拡大させるための、地域活性化を目的とした事業です。
水戸歴史文化検定の取得を通じて、水戸の歴史や、文化、観光の知識を得ることにより、水戸の良さを再確認してもらいたいという目的で行われている検定です。
地元の方が、自分の住んでいる街を、改めて深く知るために受験するのも良いでしょう。または、水戸の文化や歴史に興味を持っている、地域外の方にもおすすめの検定ではないでしょうか。
この検定は無料で受験できるということが特徴です。
試験の形式は、50問を正誤2択で選ぶ形式です。
合格した際には、持ち歩きに便利なカードサイズの、水戸黄門のかわいいイラストのついた合格証を手に入れられます。

スポンサーリンク

目次

水戸歴史文化検定の基本情報

水戸文化
資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽
資格区分なし
受験資格なし
試験日程12月(年1回)
試験方法筆記試験(正誤2択式)
免除科目なし
試験場所茨城県三の丸庁舎など
受験料無料
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ水戸商工会議所

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

水戸歴史文化検定の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
12月1日(日)・10日(火)~11月21日12月下旬~翌1月上旬頃

水戸歴史文化検定の試験内容

出題範囲

郷土いいとこ再発見(40問)
  • 水戸の始まりの史跡と信仰
  • 史跡(神社、仏閣、遺跡、墓所)
  • 光圀公、水戸藩
  • 自然、公園、文化
  • 展示、見学施設、文化施設
  • 郷土料理
  • 特産品、地場産業など
  • 水戸のまつり、地域の行事
その他(10問)

日本遺産認定関係、水戸の人物など

合格点

70点以上

水戸歴史文化検定の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
第3回109人71.6%
第2回82人57.3%

最年少受験者は10歳、最年長受験者は86歳

水戸歴史文化検定の難易度

合格率は60%程と、ご当地資格の中では決して高くはありませんが、無料で受験できることもあり特に対策を立てずに受験している方が結構いると思います。

問題の形式が2択で合格点が70点以上なのを考えると、キッチリ試験対策を立てれば合格することは容易です。

水戸歴史文化検定の勉強法

水戸商工会議所から参考資料を観覧できるので活用して下さい。

資格を活かせる仕事

水戸歴史文化検定に合格し、水戸商工会議所が行う「おもてなしセミナー」に参加すると、「水戸おもてなしマイスター」として認定してもらえます。

さらに、水戸商工会議所が主催する他の検定に合格する度に、マイスターのランクも上がっていきます。一定のランクになった際には、水戸商工会議所が実施するセミナーの講師としての資格を与えられます。

水戸の魅力を、講師としてたくさんの人に教えたいと思っている方には、魅力的ですね。

また、水戸の観光分野の仕事についている方には、水戸の知識を深めることにより、観光客をきちんとおもてなしする知識がつきますので、とても役立つ資格です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる