東京シティガイド検定試験の難易度・合格率・試験日など

東京シティガイド検定とは

東京の歴史や伝統、景観や都会のライフスタイルやファッションなどの魅力を紹介する為の知識を問う試験になります。
ガイドなどの観光関係者や外国人と接する機会が多いビジネスマンを対象にした試験ですが、平成24年度からは観光タクシードライバー認定にあたって、当資格の合格を認定条件とする制度が採用されているので今後も注目されるであろう資格の一つと言えるでしょう。
仕事以外でも趣味レベルで取得を目指している人も沢山います。

スポンサーリンク

目次

東京シティガイド検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
資格区分なし
受験資格なし
試験日程11月下旬(年1回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所東京
受験料5,400円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ益財団法人 東京観光財団

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

東京シティガイド検定の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
2019年12月8日(日)終了しました1月初旬

東京シティガイド検定の試験内容

出題形式

筆記試験(マークシート:50問)

出題範囲

  • 公式テキスト「地球の歩き方 新・大江戸東京の歩き方」
  • 東京ハンディマップ・東京ハンディガイド(試験申込時に配布)
  • 観光に関連する一般知識

年度によりテーマが決定されます。

合格点

100点満点中70点以上

東京シティガイド検定の受験者数・合格率

実施時期受験者数合格率
2015年1,206人71.4%

受験者の約半数がタクシー業をされている方です。もしかしたら会社から取得を命じられているかもしれませんね。

次に多いのが旅行業やホテル業をされている方。大学生の受験者も約1割います。

東京シティガイド検定の難易度

東京観光のガイドができるレベルを求められるため、東京の歴史や文化など観光関連に関する知識が問われます。

試験はマークシート形式なので、テキストなどからの知識がしっかり身についていれば十分合格を目指せます。近年の合格率は80%を超えているため、それほど難易度の高くない検定試験です。

東京シティガイド検定の勉強法

試験の半分以上は公式テキストである「地球の歩き方 新・大江戸東京の歩き方」から出題されるのでテキストの内容をキチンと理解しておこう。

実際に街歩きをしてみなければ簡単に答えることができない難易度の高い問題もあるため、日ごろから東京都内を歩き新しいスポットをチェックするなど知識を得ていくことも大切です。

資格侍のアイコン画像資格侍

問題は公式テキストに沿った内容となっており、100点満点中70点以上取得することができれば合格することができるため、確実に点数が取れるように努力しましょう。

就職で活かせる資格なのか

観光タクシードライバーやホテル、バスガイドなどの観光(旅行)業界で活躍することができます。

参考までに旅行業界全体の平均年収は610万円程度と言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる