富士山検定試験の難易度・合格率・試験日など

富士山検定は2018年度試験を最後に終了しました。

富士山検定とは

富士山検定実行委員会が主催するご当地検定で1級からジュニアまで区分されています。

ジュニア検定は無料で受けられ小学校5年生~中学3年生の子どもが取得しやすい級になります。受験方法はWEBもしくは富士山検定チラシに20問掲載され、解答用紙あるいはWEBサイトを印刷して郵送します。

合格するとハガキサイズの合格証がもらえます。

3級と2級は四者択一式となり1級に関しては単答方式と記述方式になります。3級はWEBにて受験可能ですが2級と1級は会場での受験になります。

合格するとプラスチックカードの合格証がもらえます。

参考テキストは「富士山検定公式テキスト」が全国書店で売られているほか、「富士を知る」などの参考図書も出版されています。

世界遺産になった富士山について知っておくことで、外国人にどんなところなのか聞かれた時など基礎的な説明ができたり、富士山の魅力をよりアピールできるようになります。

スポンサーリンク

目次

富士山検定の試験内容

1級・2級

四択問題・一部記述

3級

WEBにて問題を公開

ジュニア級

WEBまたは、富士山検定チラシに20問を掲載

スポンサーリンク

富士山検定の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

富士山検定の難易度

富士山検定実行委員会のHP内に過去問が掲載されているので、どの程度の難易度の問題が出題されるのか確認してください。

問題を見る限り、3級であれば富士山に登ったことがあったり富士山に興味のある方であればある程度サクサク解けると思います。

富士山検定の勉強法

公式テキストがあるので、まずはそちらを利用して勉強しましょう。

ある程度予備知識のある方であれば、過去問を解いていけばある程度合格できるレベルに達すると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる