検定お伊勢さんの難易度・合格率・公式テキストの紹介など

お伊勢さんとは、言わずと知れた伊勢神宮のことで、地元の人々からは「お伊勢さん」と呼ばれて深く信仰されています。

日本の誕生の時より悠久の歴史を紡いできたお伊勢さんは、昔から全国の人々の篤い信仰を集め、独特の文化を形成してきました。

検定「お伊勢さん」は、この伊勢神宮の本来の姿を知ることで、伊勢市の本当の歴史の深さ、神聖さを実感し、伊勢市で暮らすことや伊勢市を訪ねる喜びを知ってもらう為に行われています。

そして、伊勢市の人々には、これまで以上に神宮にお詣りする人や観光客に対しておもてなしの心を高めてもらい、この市の魅力を広く発信してもらいたいという願いも籠められています。

検定は初級と上級に分かれています。

初級:神宮や伊勢市について全般について。「公式テキストブック3編」より出題。四者選択方式。

上級:神宮・遷宮編、歴史・ものづくり編(いづれも公式テキストブック『歴史と文化編&ものづくりとくらし編』より出題)。四者選択方式。

どちらの級も70%以上正解で合格となります。合格者には合格証が送付されます。

スポンサーリンク

検定お伊勢さんとは

資格名検定「お伊勢さん」
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルご当地
資格区分初級、上級(神宮・遷宮編、歴史・ものづくり編)
受験資格なし
試験日程12月上旬(年1回)
試験場所伊勢商工会議所
試験内容筆記試験(四者選択方式[100問以内])
免除科目
合格点70%以上の正解
受験料【初級】1,600円【上級】2,100円
登録・更新
評価・評判0件(口コミ投稿
問い合わせ伊勢商工会議所
関連資格

検定お伊勢さんの試験日

2018年度試験

【試験日】2018年年12月9日(日)
【申込期間】2018年9月3日~10月31日
【合格発表】2019年2月上旬

2019年試験の日程はまだ未定です!

検定お伊勢さんの試験内容

初級

公式テキストの内容から90%以上出題されます。

伊勢の神宮/日本人とお伊勢さん/神宮の社/神宮の祭・行事/式年遷宮/伊勢の歴史/町々の歴史/伝統文化/神社・寺院/伊勢の祭/人物/くらしと地域の産業/伝統工芸/伊勢のまちなみ/名物・風習と食べ物/話/伊勢のことば/伊勢に至る道/伊勢志摩国立公園と伊勢の自然/観光の中心地

上級(神宮・遷宮編)

公式テキストの内容から70%以上出題

伊勢の神宮/日本人とお伊勢さん/神宮の社/神宮の祭・行事/式年遷宮

上級(歴史・ものづくり編)

公式テキストの内容から70%以上出題

伊勢の歴史/町々の歴史/伝統文化/神社・寺院/伊勢の祭/人物/くらしと地域の産業/伝統工芸/伊勢のまちなみ/名物・風習と食べ物/民話/伊勢のことば/伊勢に至る道/伊勢志摩国立公園と伊勢の自然/観光の中心地

検定お伊勢さんの受験者数・合格率

2017年度試験

区分受験者数合格率
初級131人32.1%
上級(神宮・遷宮編)80人40.0%
上級(歴史・ものづくり編)71人35.2%

検定お伊勢さんの難易度

試験難易度としては、公式サイト内で

  • 初級は基本的な知識レベル
  • 上級はやや高度な知識レベル」

と表記されていますが、曖昧過ぎてよく分からないですよね汗

合格率を見てみると、初級でも30%程度とご当地資格・・・いわゆる趣味で取得する資格の中ではそこそこ難しい試験になります。

ただ、合格率が2017年度の古いデータしかなく、また受験者数も少ないので合格率だけを鵜呑みにするのは危険です。

公式サイト内で過去問や練習問題が掲載されていないので、どういった問題が出題されるのかは分かりかねますが、ほぼほぼ公式テキストの内容から出題されますので、キチンと対策を立てれば合格率ほど難しい試験ではないのかな~とは思います。

Twitterなどで試験を受験した方の評判を探しましたが、マイナーな資格なのかつぶやいている方が全然いませんでした汗

検定お伊勢さんの試験対策は公式テキストで

試験については公式テキストである「検定お伊勢さん」から初級は90%以上、上級でも70%以上出題されるのでこちらのテキストで対策を立てれば問題ないでしょう。

あとできることと言えば、「伊勢 ブログ」などのキーワードで検索して伊勢の情報を発信しているブロガーさんの日記などを見て知識を深めるのも良いかもしれません。

セミナーなどは実施していないっぽいので独学で勉強していくしかありませんね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ご当地資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました