メイド検定試験の難易度・合格率・日程など

※2014年以降実施されていません。

資格名 メイド検定
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 誰でも受験できます(飛び級受験はできません)
試験方法 1級:実技試験・面接試験
2級・3級:筆記試験
試験場所 東京都
試験日程 1級・2級:8月など(年1~2回実施)
3級:8月など(年2~3回実施)
申込期間 随時
合格発表 発表時期は未定
受験料 1級:6,000円
2級:6,000円
3級:2000円(セミナー受講料:別途2,000円)
問い合わせ先 日本メイド協会
スポンサーリンク

概要

 

メイド検定とは、メイドとしての接客マナーや掃除や洗濯などの作業をするための技能を育成する為の資格で、2007年10月より「日本メイド協会」が実施している民間資格です。

試験は、メイドの理論学を問う3級から、実技試験で行う1級まで存在します。3級に関してはセミナーの受講が必須になります。試験に合格することで、合格認定・資格証を交付してもらえるので、就職活動の際に役立てることも可能です。

勉強法としては、3級に関してはセミナーをきちんと受講すれば合格できる内容で、2級に関しては申し込み後にテキストが送付されるのでそのテキストの内容をある程度理解していれば合格できます。1級は実技になるので、特に試験対策はしなくても大丈夫です。

ちなみに、よく勘違いされがちですが、メイド検定はあくまで本来のメイドのとしての役割の技能を問う試験なので、女性を対象にしています。萌え系のメイドに関する知識を問う試験ではありませんので注意して下さい。

試験内容

1級

接客、マナー・歴史・縫製・料理・掃除、洗濯

2級

接客、マナー・歴史・縫製・料理・掃除、洗濯

3級

メイドの接客、マナー・メイドの歴史・メイドの倫理学

免除科目

なし

合格基準

  • 1級:約80%の正解率
  • 2級:約80%の正解率
  • 3級:約70%の正解率

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

受験者の多くは接客業に興味がある、または従事している人です。

メイドとは?

日本ではアニメの影響もあり、メイドと言えば、メイド服を着た萌え系のファッションを着ている女の子など、あくまでファッションとしてのメイドを想像するでしょう。特に、メイド喫茶は有名で、コスプレの聖地である秋葉原を中心に、全国各地に存在します。

しかし、本来のメイドとは、炊事や洗濯をなどの家事労働を行う使用人のことを指します。

試験の難易度

全級に言えることですが、試験難易度は低いです。

試験の勉強

3級はセミナーに参加してしっかり勉強すれば合格できる内容になっています。

2級は受験申し込み後にテキストが送られてくるので、その内容を勉強すれば合格できる内容になっています。

1級は実技と面接のみなので、事前に試験対策をとる必要はありません。

メイド検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

接客業では接客やマナーが必至スキルになるので、この資格を取得することにより、就職や転職の際に多少は有利になるかもしれません。

また、資格を取得することで、日本メイド協会の法人会員向けにメイド喫茶やハウスメイド業者などに仕事の斡旋を行ってもらえます。詳しくは日本メイド教会にお問い合わせください。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク