真田三代戦国歴史検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 真田三代戦国歴史検定
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 誰でも受験できます(1級の受験は、2級、もしくは3級の取得が必須)
試験方法 筆記試験(マークシート形式:四者択一)
試験場所 1級:真田町中央公民館(長野県上田市)
2級・3級:東京・大阪・真田町中央公民館(長野県上田市)
試験日程 ①3月上旬、②12月上旬(年2回実施)
申込期間 ①2月上旬まで②10月下旬まで
合格発表 発表時期は未定
受験料 1級:6,200円(真田町)
2級:5,550円(大阪・東京)、4,850円(真田町)
3級:4,850円(大阪・東京)、4,150円(真田町)
2級・3級併願:9,800円(大阪・東京)、8,250円(真田町)
※「信長戦国歴史検定」「伊達政宗戦国歴史検定」の合格者は、300円割引されます(東京・大阪のみ)
問い合わせ先 真田三代戦国歴史検定運営事務局
スポンサーリンク

概要

真田

真田三代戦国歴史検定とは、一部の歴史ファンから絶大な人気を誇る、真田の武将である、幸隆・昌幸・信繁(幸村)・(信之)に関するありとあらゆる知識を問う試験で、「真田三代戦国歴史検定運営事務局」が主催し、日本出版販売が運営している民間資格になります。

試験は1級~3級までありますが、2級と3級に関しては、学研パブリッシングが出版している公式テキスト(真田三代戦国歴史検定 公式問題集)からメイン出題されます。1級に関しては、真田三代に関する幅広い知識が必要になります。

ちなみに1級は、真田町(長野県上田市)会場でしか受験することが出来ません。

日販の検定ポータル」のサイト内で、練習問題を無料で挑戦することができるので、興味のある方はチャレンジしてから試験に受験した方が効率的です。

受験料は決して安くないので、一発合格するためにも、趣味レベルのご当地資格と言えど、それなりの対策をした方が良さそうです。

試験内容

試験は全てマークシート形式(四者択一)で、行われます。

受験時間は60分です。

1級

歴史的な史料等を含め、あらゆる角度から真田三代の歴史について

2級

「真田三代戦国歴史検定 公式問題集」を基本に、真田三代の歴史について広い範囲で出題

3級

「真田三代戦国歴史検定 公式問題集」より主に出題

免除科目

なし

合格基準

100問中70問以上の正解

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

試験の難易度

2級と3級は公式テキストからほぼ出題される傾向にあるので、テキストをキチンとこなしていればそれほど難しくありません。

試験の勉強

2級と3級に関しては、学研パブリッシングが出版している公式テキスト「真田三代戦国歴史検定公式問題集」を中心に勉強することで合格率はグンとアップします。

1級は幅広い知識が必要になるので、公式テキストだけでは無く、学生時代に使っていた歴史の教科書であったり、インターネットから情報を収集したり、様々な角度から勉強法を見出さなければいけません。

勉強法 真田三代戦国歴史検定 勉強法(準備中)
問題集 真田三代戦国歴史検定公式問題集

資格を活かせる仕事

ご当地資格になるので、この資格を取得したからと言って就職や転職に有利になる訳ではありません。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年09月09日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク