舞台機構調整技能士試験の難易度・合格率・試験日など

舞台機構調整技能士とは、舞台やコンサートなどで使われる音響に関する知識を問う国家試験になります。

試験は、初心者向けの「3級」、中級者向けの「2級」、上級者向けの「1級」に分かれています。

スポンサーリンク

舞台機構調整技能士試験とは

資格名舞台機構調整技能士
人気将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格
ジャンルクリエイター・デザイン
資格区分1級、2級、3級
受験資格【1級】3級取得後4年以上、2級取得後2年以上、実務経験7年以上のいずれか
【2級】3級合格者、実務経験2年以上のいずれか
【3級】実務経験(期間は問わない)、専門学校などで音響関連学科に在籍のいずれか
試験日程【1級・2級】1月~2月(年1回)
【3級】7月~8月(年1回)
試験場所全国各地
試験内容筆記試験、作業試験、要素試験
免除科目
合格点非公開
受験料【学科試験】3,100円【実技試験】16,500円
登録・更新中央職業能力開発協会
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ
関連資格

舞台機構調整技能士試験の試験日

2018年度試験

【試験日】2018年9月3日(月)
【申込期間】2018年10月1日~10月12日
【合格発表】2019年3月15日

舞台機構調整技能士試験の試験内容

1級

【作業試験】
課題の音源について、音響機器を用いてミキシングを行う

【要素試験】
CDに記録された種々の音を聞いて、音質等の判別について行う

2級

【作業試験】
課題の音源について、音響機器を用いてミキシングを行う

【要素試験】
CDに記録された種々の音を聞いて、音質等の判別について行う

3級

【作業試験】
課題の音源について、音響機器を用いてミキシングを行う

【要素試験】
CDに記録された種々の音を聞いて、その内容の判別について行う

舞台機構調整技能士試験の受験者数・合格率

3級の合格率は60%程

舞台機構調整技能士試験の難易度

暗記だけでは無く頭を使う問題も多いので難しく感じるかもしれません。

舞台機構調整技能士試験の勉強法

専門学校で勉強しつつ問題集を徹底的にこなして問題に慣れていくのが合格への近道です。

資格を活かせる仕事

資格を取得することで、コンサートホールや劇場などの、音響装置を扱う職場で活躍することができます。

技術的な仕事になるのでスキルを磨けば磨くほど収入はアップします。

タイトルとURLをコピーしました