ラジオ・音響技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

ラジオ・音響技能検定試験は2015年で終了しました。

資格名ラジオ・音響技能検定
資格種別民間資格
資格法令
資格区分1級、2級、3級、4級
受験資格誰でも受験できます
試験方法筆記試験:択一式
試験場所全国主要都市
試験日程2015年で終了
申込期間
合格発表
受験料
問い合わせ

クリエイター・デザインの資格一覧

スポンサーリンク

目次

概要

ラジオ・音響技能検定とは、A・R検定とも言われており、エレクトロニクス・オーディオの知識と技能をアナログ技能という観点から評価する試験で、「日本国際カレッジ」が実施している日本で唯一の技能検定になります。

試験は、1級から4級まで存在し、4級でも合格率は60%程しかなく、1級だと10%以下の合格率と、かなり難易度の高い資格だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

受験者数・合格率

累計合格率は、

1級:6%、2級:23%、3級:50%、4級61%

試験の難易度

1級と2級はかなり難しいです。

資格を活かせる仕事

演劇やミュージカルやブライダルなどで音響スタッフとして活躍することが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる