薄桜鬼検定試験の難易度・合格率・試験日など

薄桜鬼検定は2018年度以降実施されていません。

2008年に発売された薄桜鬼 〜新選組奇譚〜というタイトルの恋愛アドベンチャーゲームが大人気となってアニメ化、舞台化、ミュージカル化されてきましたが、この薄桜鬼の大ファンである人たちが受けていると言われている試験が薄桜鬼検定試験です。

各キャラクターについてやセリフなどが出題範囲となっていて、薄桜鬼ファンなら知っていて当たり前とされている問題から、なかなか知られていないレアな内容の問題まで出題されるので、ファンは勉強していてもとっても楽しめる内容となっています。

そして受験することの最大のメリットは受験者限定の特典があるという事です。そのため検定料金を支払っても受けたいというファンが多いのです。

同じように薄桜鬼が大好きな人とも知り合いになれるので、友達を増やしたいという人にもおすすめです。

もっと深く薄桜鬼について知ることで、さらに薄桜鬼の魅力に触れることができ好きになっていける資格ではないかと思います。

スポンサーリンク

目次

薄桜鬼検定の基本情報

資格名薄桜鬼検定
人気[star rate=”1″ number=”0″ ]将来性[star rate=”0″ number=”0″]
就・転職
【隊士】
[star rate=”0″ number=”0″]難易度
【隊士】
[star rate=”1″ number=”0″]
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽
資格区分局長(上級) 、副長(中級) 、隊士(初級)
受験資格なし
試験日程1月下旬(年1回)
試験場所東京、大阪
試験内容筆記試験(4者択一方式):100問
免除科目
合格点【局長・副長】70点以上
【隊士】60点以上
受験料9,800円
登録・更新
問い合わせ薄桜鬼検定実行委員会
関連資格

スポンサーリンク

薄桜鬼検定の試験日

2018年度試験

試験日申込期間
2019年1月27日(日)終了しました

薄桜鬼検定の試験内容

局長

隊士・副長の出題範囲に加え、より深い薄桜鬼の知識を問います。

副長

「薄桜鬼-新選組奇憚-」の知識が必要で、その他のソフト(無双を除く)とイベントやテーマ曲など周辺企画を知っている

隊士

「薄桜鬼-新選組奇憚-」の知識が必要

薄桜鬼検定の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

薄桜鬼検定の難易度

薄桜鬼をある程度知っている方であれば、入門編である「隊士」は勉強せずとも合格ラインに乗せることができると思います。

薄桜鬼検定の勉強法

「アスキー・メディアワークス刊」から出ている公式テキストがありますので、まずはそちらのテキストをメインに勉強して下さい。

薄桜鬼好きにはたまらない面白い問題が多数掲載されているので、試験対策ではなく、娯楽目的で購入する方も多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる