MENU

「生・活」知識検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 7/09

「生・活」知識検定試験は平成24年度以降実施されていません。

趣味・娯楽の資格一覧 ・面白い資格一覧

資格名「生・活」知識検定
資格種別民間資格
資格法令
資格区分なし
受験資格誰でも受験できます
試験方法筆記試験(択一式:50問)
試験場所札幌、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡
試験日程①3月中旬、②9月中旬
申込期間①1月上旬~2月上旬、②7月上旬~8月上旬
合格発表①4月中旬、②10月中旬
受験料4,320円
問い合わせ生活・福祉環境づくり 21(SFK21)

スポンサーリンク

目次

概要

「生・活」知識検定とは、いきいき検定とも言われており、楽しく心豊かな人生を送る為に必要な知識を問う試験になります。

高齢化社会が加速していく中で、老年学(ジェロントロジー)の基礎を学び高齢者向けのコンシェルジュとして活躍できる人材を育成する為に作られました。

試験に合格することで、ウェルビーイング・コンシェルジュの認定・登録を行うことができます。

スポンサーリンク

試験内容

「生いき・活いき」知識検定試験公式テキスト 高齢社会の「生いき・活い き」事典から出題されます。

免除科目

なし

合格点

50 問(100 点)中 35 問(70 点)の正解

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

試験の難易度

難しい試験ではありません。

試験の勉強法

試験の公式テキストである高齢社会の「生いき・活い き」事典から出題されるので、公式テキストをメインに勉強するのがベターです。

資格を活かせる仕事

介護福祉の業界で活躍することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる