境港妖怪検定試験の難易度・合格率・試験日など

境港妖怪検定とは、2015年11月11日にお亡くなりになった、水木しげる先生の作品「ゲゲゲの鬼太郎」などに登場してくる妖怪にまつわる試験で、水木しげるさんの出身地である鳥取県境港市にある、境港商工会議所と境港市観光協会が2006年から毎年10月に主催しています。

試験は「上級」「中級」「初級」の3つの区分に分かれており、それぞれで妖怪に関する理解度をはかり、妖怪博士として認定する検定になります。

水木しげるさんのファンを中心に人気のある資格で、2006年~2014年までの累計受験者は4,000人を突破しています。

試験に合格することで、合格証書と妖怪博士ピンバッヂが貰えるので、妖怪好きの方、水木しげるファンの方はチャレンジしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

境港妖怪検定とは

資格名境港妖怪検定
人気
将来性
就・転職
【初級】
難易度
【初級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽面白い資格
資格区分上級・中級・初級
受験資格【上級】中級合格者
【初級・中級】なし
試験日程10月下旬(年1回)
試験場所境港(鳥取県)、調布(東京都)
試験内容筆記試験(数肢択一方式・○×記入方式・部分記入・全記入方式)
免除科目
合格点【上級】不明
【初級・中級】100点満点中、70点以上
受験料【上級】4,000円【中級】3,000円
【初級】2,000円
登録・更新
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ境港商工会議所、境港市観光協会(試験のHP)
関連資格

境港妖怪検定の試験日

第13回試験

【試験日】2018年10月21日(日)
【申込期間】2018年8月15日~9月30日
【合格発表】2018年11月下旬

境港妖怪検定の試験内容

初級・中級

数肢択一方式・○×記入方式・部分記入・全記入方式で、公式テキストの内容から約50問出題される。

境港市及び調布市に関する基礎的な情報から3問程度出題される。

上級

提示されたテーマについて、1,200文字以内で述べる論文形式の試験

境港妖怪検定の受験者数・合格率

第1回試験(2006年)~第13回試験(2018年)までの累計

区分受験者数合格率
上級236人8.5%
中級1,819人21.3%
初級3,572人77.3%

境港妖怪検定の難易度

初級に関しては私もサンプル問題を解いてみましたが、妖怪にあまり興味の無い方でも何となく解けるレベルなのでそれほど難しくありません。

ただ、中級からはかなりマニアックな問題が出題されるので公式テキストを目に通してある程度理解していないと合格するのは難しいです。

上級に関しては論文試験で試験対策が立てにくいこともあり合格率は一ケタでかなり難しいと思います。

境港妖怪検定の勉強法

初級と中級の公式テキスト「水木しげるロードの妖怪たち VI」、中級の公式テキスト「図説 日本妖怪大全」を中心に勉強すると良いでしょう。

勉強法境港妖怪検定 勉強法
初級・中級水木しげるロードの妖怪たち VI
中級図説 日本妖怪大全
上級

受験者の口コミ

先日行われた第10回試験の初級を受験しました。私は境港会場で受験しましたが、駐車場には他県のナンバー(広島や兵庫や大阪など)がいっぱいありビックリしました。
合格発表は11月なのでまだ分かりませんが、初級は簡単でほぼ満点だと思うので多分合格できると思います。子供の受験者もいて水木しげるさんの知名度って凄いなーっと再確認しました。
楽しい試験なので興味のある方はチャレンジしてみて下さい。私も来年は中級に挑みたいと思っています。(40代男性 会社員) [2015年10月30日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

趣味・娯楽の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました