核燃料取扱主任者試験の難易度・合格率・試験日など

核燃料取扱主任者試験とは

原子力規制委員会が実施している国家資格で、核燃料物質の取り扱いに関しての保安を行う為の知識を問う試験になります。
加工事業者及び再処理事業者などでは核燃料取扱主任者の設置が義務付けられていますので、それらの仕事に関わる労働者が取得を目指しています、
受験者は毎年100名程度しかいなくて、かなりマイナーな資格に分類されますが、原子炉の核燃料に関しては、世間も関心があることから、今後注目されるであろう資格の一つになります。

スポンサーリンク

目次

核燃料取扱主任者試験の基本情報

資格種別国家資格(必置資格)
ジャンル保安・技術
資格区分なし
受験資格なし
試験日程3月中旬(年1回)
試験方法筆記試験(択一式)
免除科目第一種放射線取扱主任者試験に合格した人は、「放射線の測定および放射線障害の防止に関する技術」が免除
試験場所東京
受験料47,700円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ原子力規制委員会原子力規制庁総務課 

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

【関連資格】

スポンサーリンク

核燃料取扱主任者試験の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
2019年3月4日(水)・5日(木)1月6日~1月20日6月上旬

核燃料取扱主任者試験の試験内容

核燃料物質に関する法令、核燃料物質の化学的性質及び物理的性質、核燃料物質の取扱いに関する技術、放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術

核燃料取扱主任者試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年64人39.0%
2017年63人27.0%
2016年66人37.8%
2015年59人39.0%
2014年70人31.4%

核燃料取扱主任者試験の難易度

難易度は高いです。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる