プラスチック成形技能士試験の試験内容や受験資格など

プラスチック成形技能士試験とは

都道府県職業能力開発協会が実施する技能検定で、厚生労働省が認定する国家資格です。
特級、1級、2級、3級とあり、3級は実務経験などは不問ですが、2級以上の級は何らかの受験条件があります。ちなみに、特級の受験条件は、1級合格後5年以上の実務経験となっています。(下記参照)
また、試験は学科試験と実技試験に分かれています。学科試験は、共通科目の他に、圧縮成形作業、射出成型作業というように、各々の作業職種に関する専門科目があります。記述式ではなく、選択肢の中から正しい答えを選んだり、真偽を問う方法の問題が出ます。
この資格を取得すると、名刺やホームページ上などにそれを明記することが可能ですが、明記するにあたっては、職種名の省略表示はもちろんのこと、等級の非表示、等級表示位置の変更などは、法律で禁止されています。

スポンサーリンク

目次

プラスチック成形技能士試験の基本情報

資格種別国家資格
ジャンル保安・技術
資格区分特級、1級、2級、3級
受験資格下記参照
試験日程9月上旬、3月上旬(年2回)
試験方法筆記試験、実技試験
免除科目あり(下記参照)
試験場所全国各地
受験料受験地により異なる
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般社団法人 東日本プラスチック製品工業協会

【総合評価】

人気 :調査中将来性:調査中
就転職:調査中難易度:調査中

スポンサーリンク

プラスチック成形技能士試験の受験資格

プラスチック成形技能士受験資格

プラスチック成形技能士試験の受験者数・合格率

調査中

プラスチック成形技能士試験の難易度

調査中

資格を活かせる仕事

生活の中でプラスティックは欠かせないものになっている今、その成形が関わる職場は、プラスティック機器メーカー、電気機器メーカー、精密機械メーカーなど、色々あります。

しかし、どの職場でもそうであるようにオートメーション化がかなり進んでおり、実際にそれを1つ1つ手作りする技術者というよりも、監督することができる人材が求められています。

そのため、上級資格が就職面でも、お給料面でも良いわけですが、監督するためには、基本的な知識・技術がなければいけないというのも本当のとことなので、確実に等級を上げていきたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる