日本語能力試験の難易度・合格率・試験日など

日本語能力試験とは

日本語を母国語としていない人を対象に日本語の能力を認定する試験で、全国主要都市の他、世界65の国と105都市で行われています。
日本語を母国語としていない人しか受験できませんので、必然的に日本人は受験することはできません。

スポンサーリンク

目次

日本語能力試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分N1、N2、N3、N4、N5
受験資格日本語を母国語としていない人 (日本人は受験することができない)
試験日程7月上旬、12月上旬(年2回)
試験方法筆記試験、聴解試験
免除科目なし
試験場所日本44都道府県、海外23か国・105都市
受験料5,500円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本国際教育支援協会

【総合評価】(N1)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

【関連資格】

  • なし

スポンサーリンク

日本語能力試験の日程

2020年度試験

試験日申込期間合格発表
2020年7月5日(日)4月上旬~下旬9月上旬
2020年12月6日(日)9月上旬~下旬2月上旬

日本語能力試験の内容

出題範囲

  • 言語知識(文字・文法・語彙)・読解:110分
  • 聴解:60分

合格点

日本国際教育支援協会のHPでご確認ください

日本語能力試験の受験者数・認定率(合格率)

2019年 第1回試験

区分受験者数認定率
N1116,860人29.3%
N2164,434人36.0%
N3136,250人39.4%
N479,731人32.7%
N553,173人47.6%

日本語能力試験の難易度

私は日本人なので、試験の難易度を理解することは難しいですが、参考としてN1で日本の高校受験レベルになるので、日本語を全く知らない状態からだと2,000時間以上の勉強時間が必要になります。

資格侍のアイコン画像資格侍

一番下位のN5でも200時間以上の勉強時間が必要になるので、それほど簡単な試験ではないと認識できます。

日本語能力試験の勉強法

国際交流基金が出版している「公式問題集」は内容も濃く、試験の内容についても詳しく書いるのでオススメできます。CDも付属しているので感覚も掴みやすいです。

そして、何より値段が安いのが良いですね。

日本語能力試験の詳しい勉強法

日本語能力試験のお勧めテキスト

受験するなら必須のテキスト

日本語能力試験のテキストを探す

日本語能力試験を活かせる仕事

日本語能力の測定指標として最も普及している資格になるので、日系企業で就職を目指す外国人には有利になる。但し、最低でもN2は取得しておくことが条件になる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる