MENU

公認サンタクロースとは?試験内容を解説

2020 6/16
公認サンタクロースとは?試験内容を解説
公認サンタクロースとは

サンタクロースは伝説の人物と思われるかもしれませんが、グリーンランド国際サンタクロース協会が実施している公認サンタクロースの資格を取得すれば協会公認のサンタクロースになることができます。
試験はデンマークで実施され、日本人でも受験できますが受験ハードルはかなり高いです。(下記参照)
試験は「体力試験」「面接試験」「身だしなみ試験」「朗読」の4つのカテゴリーで全て合格しなければいけないので、かなりハードな試験と言えます。

スポンサーリンク

目次

公認サンタクロース試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売面白い資格
資格区分なし
受験資格・サンタクロースとしての活動実績がある
・結婚していて子供がいる
・サンタクロースの体型をしている(基準は服装込みで120kg以上)
・他国の人と話せる語学力がある
試験日程不明
試験方法下記参照
免除科目不明
試験場所デンマーク
受験料不明
登録・更新どの様に登録が行われるのか不明
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせグリーンランド国際サンタクロース協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:不明

【関連資格】

  • なし

スポンサーリンク

公認サンタクロース試験の内容

出題形式

プレゼントを持って煙突などの障害物を通過し決められたエリアにプレゼントを送り届ける。
実際に見試験風景をみたことはありませんが、かなり過酷な試験だそうです・・・

合格点

協会の公認サンタクロース全員の承認を得ることができれば合格

サンタクロースの仕事

公認サンタクロースは全国に180名程いると言われており、日本人ではラテン音楽を中心に活動している「パラダイス山元」さんが取得したことで有名です。

公認サンタクロースになれれば、協会後援のイベント(世界サンタクロース会議)をすることができる。

資格侍のアイコン画像資格侍

サンタクロースは医師や看護師の様に業務独占資格ではありませんので、資格を取得せずともサンタクロースとしての業務(?)を行うことは可能です(笑)

サンタクロースの収入

サンタクロースはあくまでボランティアなので収入を得ることは恐らく困難です。

しかく姫のアイコン画像しかく姫

サンタクロースの平均年収が1200万円とか聞いたら幻滅しますしね(苦笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる