オートレーサーの資格情報

スポーツの資格
オートレーサーとは公営競技の一つで、二輪バイクを使用して全国に6つあるオートレース場(船橋・川口・伊勢崎・浜松・飯塚・山陽)で熾烈な争いを繰り広げます。

オートレーサになるには、競争率30倍以上と言われている「選手候補生選抜試験」に合格して養成所にて9ヶ月間、学科や実技などの教育を受けて修了しなければいけません。

元スマップの森且行選手もオートレーサとして現在活躍していることから、オートレースに興味の無かった女性層の人気もある競技と言えるでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 オートレーサー
評価 調査中
資格種別 公的資格
資格区分 なし
受験資格 ・満16歳以上
・中学校卒業以上の学力を有する
・運転免許証(原付以上)を所持
・体重60㎏以下
・両眼とも裸眼視力0.6以上(色神異常でない)
・成年被後見人又は被保佐人でない
など・・・
試験方法 下記参照
試験場所 東京・福岡
試験日 2年に1回実施
申込期間 不明
合格発表 不明
受験料 10,000円
問い合わせ JKAオートレース事業所

試験内容

1次試験

適性検査(性格・心理・運動機能)

2次試験

面接、身体精密検査、体力検査、技能検査 、人格・素行検査

免除科目

不明

合格基準

非公開

受験者数・合格率

非公開

試験の難易度

調査中

資格を活かせる仕事

オートレーサーとして活躍することができます。

オートレーサーの収入

オートレーサーの平均年収は1,300万円程でかなりの高収入を見込むことが可能で、大きいレース(SG競走)だと1,500万円以上の賞金を一度で得ることが可能です。(ちなみに、元スマップの森且行選手の1012年度の賞金は約2,600万円です。)

但し、エンジンやタイヤ、レーシングスーツなど、バイクの整備等のに必要な費用は全て自己負担しなければいけませんので、レースで勝てずに賞金を得られなければ赤字になる可能性もあるので、オートレーサーの他にアルバイトなどをして生計を立てている人も少なくありません。

プロ野球選手やサッカー選手など、他のスポーツに比べると選手生命が長く、70歳を超えたオールドレーサーも多数活躍しています。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事