受験資格の無い誰でも受験できる資格一覧


ここでは受験資格のいらないお勧めの資格をいくつか紹介します。

TOEIC

TOEIC1

TOEICは、今や人気の資格です。団塊の世代の方々は英検よりも評価のある資格だ、この人はとても英語に対しての理解や語学能力があると思われ就職にもとても優位になります。

そんな優位な資格であるのに、受験資格は20歳未満は保護者の同意さえあれば資格を取得する事が出来ます。

取得の敷居も低いですし、大人になってからも受験をする人が多い資格。

早く受験した方が周りへの差はつく事間違いなしですよ。

>>詳しくはコチラ<<

コンピュータサービス技能評価試験

会計ソフト1

コンピュータサービス技能評価試験は、他のワードやエクセルの試験と異なり、民間な資格とは事なり公的な資格です。

公的な資格という事を理解している会社は、ワードやエクセルの資格は誰でも取れると感じていますが、公的な資格であるコンピュータサービス技能評価試験は、きちんと勉強して学習して取得したんだなととても評価ある資格となります。

又、田舎の方であったり、高校で資格を取っただけの人はコンピュータサービス技能評価試験の資格は持っていません。大抵はパソコンスクールでの資格取得となっているので、信頼ある資格です。

ワードやエクセルのパソコン系の資格を取るのであれば、民間では無く、公的なコンピュータサービス技能評価試験を検討してみませんか。

>>詳しくはコチラ<<

登録販売者

薬剤師1

登録販売者の試験は医療関係の公的な資格で唯一受験資格が必要ない資格です。

又、2015年から受験資格がなくなったので、今受験をする人が非常に増えてのびて来ています。

敷居が低くなった事で、薬局店等では資格を取っている人が採用の条件に入っている人がとても増えました。

又、年間でも開催地が変わる事で何度も受験を行う事が出来るので年に1回の試験では無いので、チャンスは無限大です。

病気等の基礎知識も知る事が出来るので自分にプラスになる試験勉強や資格になりますよ。

>>詳しくはコチラ<<

不登校訪問専門員

不登校訪問専門員は、不登校の児童生徒の元を周り助言やカウンセリング心の支えとして活躍して行きます。

この資格はスクールカウンセラーとして臨書心理士を行っている人等の専門家には受験資格も無く必要とされない資格かもしれませんが、不登校を専門とするわけではないのに、クラスに不登校児童が出てしまった等の教員の方や、地域の役に立ちたい人など、人の支えや力になりたい人へプラスになる資格です。

ボランティアでも人は助ける事が出来ますし、自分のスキルアップにもなります。

周りの不登校で悩む人を理解したりする為にも、一度勉強しておいて損は無いと思います。

>>詳しくはコチラ<<

アロマテラピー検定

アロマテラピー1

アロマテラピー検定は近年女性に人気の資格です。

自分の癒しの為の資格であったり、人を癒す為に、アロマテラピー検定を取って自宅で独立する人も多く見られる様になってきました。

アロマテラピーは自分を癒しながら勉強する事が出来、ストレスフリーで学ぶ事が出来ます。

仕事の合間に勉強して受験してみるのもいかがですか。

>>詳しくはコチラ<<

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、試験というよりも講習を受けて取得する事が出来る資格です。

都道府県で次期等も異なりますが、受験しやすい資格ですし、この資格を持つと喫茶店を開く事が出来たりと、飲食店を経営する上での最初の入口へとなります。

飲食店で働く人は、会社の指示で取得する人も多く、1日の講習で可能性がこんなに大きく広がる資格は珍しいですし、この資格は民間では無くて公的な資格となっています。

講習に行くだけならと気楽な気持ちで受けてみてはいかかでしょうか。

>>詳しくはコチラ<<

医療事務管理士

医療事務1

医療事務管理士は病院の事務で働くには持っていないと働けない所が殆どの資格です。

専門学校などに行って取得する人もいますが、民間資格で自分で学習しても取りやすかったりと、わりと敷居の低い資格となっています。

この資格を持って経験を積めば、メディカルクラークや色々な病院内の業務も見えて行き他の仕事が良いと感じると仕事に合った資格を取り直し病院内で他の仕事をする人もいます。

病院で働きたいけでなかなか難しいという人は事務としてまずは働き病院という仕組みを見るのにも良いかもしれませんね。

>>詳しくはコチラ<<

※2016年12月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク