中央競馬騎手試験の難易度・合格率・日程など

資格名 中央競馬騎手
評価
資格種別 公的資格
資格法令
資格区分 なし
応募資格 下記参照
試験方法 下記参照
試験場所 全国の競馬学校など
試験日程 1次試験:8月
2次試験:10月
申込期間 6月〜7月
合格発表 10月下旬
受験料 2,400円
問い合わせ先 JRA競馬学校 
スポンサーリンク

概要

中央競馬

中央競馬で騎手として活躍するには、JRAの競馬学校に入学して、馬術の基礎訓練からレース騎乗へ向けた実践的訓練を3年間こなした後、中央競馬騎手免許試験に合格しなければいけません。

競馬学校の募集定員は毎年15名以内で合格率は5%程と、かなりの狭き門になります。

また、普通自動車免許の様に、必要条件を満を満たすことで競馬学校に入学せずとも騎手免許試験を受験することが可能です(一発試験)。但し、乗馬技術だけでの合格点到達は現実的に見て不可能になるため、競馬学校に入学して試験にチャレンジした方が得策だと言えるでしょう。

JRA競馬学校の入学から卒業まで(騎手免許試験)

応募資格

年齢

20歳未満

学歴

競馬学校入学時に中学校卒業以上の学歴を有する者、又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者

体重

44.0kg~46.5kg(年齢区部により異なる)

視力

裸眼で左右ともに0.8以上(眼鏡、コンタクトレンズの使用は不可)

色別力・聴力・健康状態

騎手として業務を行うのに支障がない者

その他

禁錮以上の刑に処せられた者、法令により競馬に関与することを禁止又は停止された者など、競馬の公正を害するおそれがあると認められるに足りる相当の理由のある者は応募することができません。

試験内容

【1次試験】

身体検査(体重、身長)、運動機能検査、学科試験(国語、社会)、本人面接

【2次試験】

身体検査(体重、身長等)、運動機能検査、騎乗適性検査・厩舎作業審査、本人面接・保護者面接

受験者数・合格率

合格率は5%程

試験の難易度

入学倍率は20倍以上と言われているのでかなり難しいです。

資格を活かせる仕事

競馬ジョッキー

中央競馬騎手の収入

競馬騎手の平均年収は『3,700万円』と言われており、一般的なサラリーマンの平均年収に比べて大幅に多く、武豊さんクラスのG1で勝てるジョッキーになれば、1億以上の収入を得ることも夢ではありません。

ただ、他のプロスポーツ選手と同様に実力主義になりますので、結果が出せなければ収入はありません。

レース賞金の5%が騎手の収入になりますので、1,000万円の賞金のレースであれば、騎手の収入は50万円になります。(1レース勝つだけでそれだけでサラリーマンの平均月収を超えますよね・・・)

ちなみに、国内最高賞金のジャパンカップの1着賞金は2億5000万円になるので、1レースで1,250万円の賞金を得ることができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2016年12月23日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク