日本語能力試験の難易度・合格率・日程など | 資格の門【2018年】

日本語能力試験の難易度・合格率・日程など

資格名 日本語能力試験
評価【N1】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 N1、N2、N3、N4、N5
受験資格 日本語を母国語とししていない人 (日本人は受験することができません)
試験方法 筆記試験、聴解試験
試験場所 日本44都道府県、海外23か国・105都市
試験日程 ①7月上旬、12月上旬
申込期間 ①3月下旬~4月下旬、②9月初旬~9月末
合格発表 ①9月上旬、②2月上旬
受験料 5,500円
問い合わせ先 日本国際教育支援協会
スポンサーリンク

概要

日本語能力試験

日本語能力試験とは、日本語を母国語としていない人を対象に日本語の能力を認定する試験で、全国主要都市の他、世界65の国と105都市で行われています。

試験は出来るだけ細かく日本語の能力を測るために、N1~N5までの5段階のレベルでそれぞれ作られています。

N1とN2では、日本国内での生活の幅広い場面で使われる日本語がどれぐらい理解できているのかを測る上級者向けの試験で、N4とN5では、基本的な日本語の理解度を問う試験になります。

念を押しますが、日本語を母国語としていない人しか受験できませんので、必然的に日本人は受験することはできませんので注意して下さい。

試験内容

N1

  • 言語知識(文字・文法・語彙)・読解:110分
  • 聴解:60分

N2

  • 言語知識(文字・文法・語彙)・読解:105分
  • 聴解:50分

N3

  • 言語知識(文字・語彙):30分
  • 言語知識(文法)・読解:70分
  • 聴解:40分

N4

  • 言語知識(文字・語彙):30分
  • 言語知識(文法)・読解:60分
  • 聴解:35分

N5

  • 言語知識(文字・語彙):25分
  • 言語知識(文法)・読解:50分
  • 聴解:30分

免除科目

なし

合格基準

ややこしいので、日本語国際教育支援協会のホームページで確認してもらった方が早いです。

受験者数・認定率

受験者数は年々増加しており、2015年度には、全世界から約60万人がチャレンジしています。

NIの認定率は30%程です。大学生(院)の受験者が半数を占めます。

試験の難易度

私は日本人なので、試験の難易度を理解することは難しいですが、参考としてN1で日本の高校受験レベルになるので、日本語を全く知らない状態からだと2,000時間以上の勉強時間が必要になります。

一番下位のN5でも200時間以上の勉強時間が必要になるので、それほど簡単な試験ではないと認識できます。

試験の勉強

「独立行政法人 国際交流基金」が出版している公式問題集は内容も濃く、試験の内容についても詳しく書いるのでオススメできます。CDも付属しているので感覚も掴みやすいです。

そして、何より値段が安いのが良いですね。

勉強法 日本語能力試験 勉強法
テキスト 日本語能力試験 対策
問題集 日本語能力試験 公式問題集

通信講座の紹介

日本語教育能力検定に合格したおよそ6人に1人がヒューマンアカデミーの受講生になるので、通信講座を考えた場合、まずは合格実績のあるヒューマンアカデミーの受講を考えてみて下さい。

ヒューマンアカデミーの日本語教育能力検定講座は「直前対策講座」と「完全合格講座」の二つの通信講座を実施しています。

一からしっかり勉強するのであれば完全合格講座をお勧めしますが、費用が10万円を超えるので、試験まで比較的余裕がある方は、まずは独学で勉強して基礎を固めて試験の3ヵ月ぐらい前から直前対策講座を受講した方が得策です。

直前対策講座であれば2万円弱で受講することができるので経済的です。

ヒューマンアカデミーの資料請求をする

資格を活かせる仕事

日本語能力の測定指標として最も普及している資格になるので、日系企業で就職を目指す外国人には有利になるでしょう。但し、最低でもN2は取得しておくことが条件になります。

日本語教師の仕事

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年05月31日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事