ビーズアクセサリーデザイナー認定試験の難易度・合格率・試験日など

ビーズアクセサリーデザイナー認定試験とは

日本デザインプランナー協会が実施するビーズや天然石の知識や、ビーズアクセサリーを作るのに必要な基本知識や技術が一定の基準以上であるかどうかを見る試験です。
インターネット上で申し込みをし、試験期間中に在宅で受験、その後、締切日までに答案提出をすれば良いので、多忙で先が見通せない方や、試験会場へ出かけられない方でも、気楽に受験することができます。
ビーズアクセサリー作家として活躍したい方や、自分が作ったアクセサリーをネットショップなどで売ってみたい方であれば、この試験に合格していることを紹介欄に記せば、専門的知識や技術がきちんとあることをお客様に示すことができます。

お勧めサイト ハンドメイド・手作り作品を紹介したり交流できるSNS「ワタシサクヒン」

スポンサーリンク

目次

ビーズアクセサリーデザイナー認定試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽
資格区分なし
受験資格なし
試験日程偶数月の中旬(年6回)
試験方法在宅受験
免除科目なし
試験場所自宅など
受験料10,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本デザインプランナー協会

スポンサーリンク

ビーズアクセサリーデザイナー認定試験の試験内容

出題範囲

材料・道具,丸カンの開閉,つぶし玉の使い方,Tピンの使い方,ピンの使い方,めがね留めのアレンジなど。

合格点

70%以上の評価

ビーズアクセサリーデザイナー認定試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

ビーズアクセサリーデザイナー認定試験の難易度

合格率が分からないので何とも言えませんが、趣味の資格でしかも在宅受験になるのでテキストを見ながら解答することができるので暗記の必要はなく簡単だと思います。

また、試験は2ヵ月に1回のペースで実施されているのでお金に余裕のある方であれば気軽に受験することができます。

ビーズアクセサリーデザイナー認定試験の勉強法

独学でも取得可能ですが、日本デザインプランナー協会が実施している通信講座を受講することもできます。

また、通常の通信講座に加えて卒業講座を提出することで試験免除となる「スペシャル講座」も用意されているので、短期間で確実に合格したいのであれば通信講座を利用した方が無難です。

講座では、ビーズアクセサリーデザイナーの他に、ビーズアクセサリーインストラクターの資格も同時に取得することが可能です。

試験勉強をしながら実際にビーズ作りの基礎を学ぶことが出来るので、試験の為だけではなく、将来に活かせる技術を磨くことができます。

資格を活かせる仕事

趣味の要素が強い資格にはなりますが、技術を磨くことでビーズアクセサリー販売店での就活で活かせたり、自宅でビーズアクセサリーを作って自分に販売することも可能です。

今では店舗を持たずともインターネットを利用して気軽に販売することができるので、腕に自信があれば副業と言わず本業で稼ぐことも夢ではありません。

ただ、資格を取得するだけで自動的にそういったスキルが身につく訳ではありませんの、むしろ資格を取得した後の努力が必要です。

ハンドメイド好きが集まるSNS

ハンドメイドや手作り作品を無料で紹介できる「ワタシサクヒン
ご自身のブログやサイト、minneやメルカリなどの販売サイトに誘導してください。趣味で作った作品でも大歓迎です。
サイト内でフォローしあって交流を深めることもできるのでハンドメイド好きな方は是非ご利用ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる