ビーズアーティスト試験の難易度・合格率・試験日など

ビーズアーティスト試験とは

日本能力開発推進協会が実施している資格で、高度なビーズアクセサリーを製作する技術を持っていることを証明できる資格です。
試験は自宅で受けることができますが、協会が認定している講座を修了しなければ受験することができません。
認定講座はビーズアーティスト資格取得講座で、基本作品から応用作品まで作り上げることができるだけでなく、材料についての知識もしっかりと身につけることができます。
今まで自己流で作っていた人も、プロの方法を知ることでより腕をあげることができる内容となっています。
趣味を仕事にしたい人におすすめの資格です。

お勧めサイト ハンドメイド・手作り作品を紹介したり交流できるSNS「ワタシサクヒン」

スポンサーリンク

目次

ビーズアーティスト試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽
資格区分なし
受験資格カリキュラム修了者
試験日程随時実施
試験方法カリキュラム終了後に在宅試験で実施されます
免除科目なし
試験場所自宅
受験料5,600円(講座は32,000円)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般財団法人 日本能力開発推進協会

スポンサーリンク

ビーズアーティスト試験の試験内容

出題範囲

ピンで作る皮ひもペンダント、ナイロンコートワイヤーで作るネックレス、テグスで作るロングネックレス、交差編みのリング、シャワー台で作る花のブローチ、花編みのアクセサリー、9ピンとテグス編みのブレスレット、ビーズボールのストラップ、ワイヤーシャンクのネックレス、テグス編みのネックレス

合格点

70%以上の得点率

ビーズアーティスト試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

ビーズアーティスト試験の難易度

講座を受けて在宅で試験を受験するスタイルになるので、落とすための試験ではないので簡単です。

ビーズアーティスト試験の勉強法

カリキュラムをしっかり受講していれば、それ以外に特に試験対策を立てる必要はありません。

ビーズアーティスト試験の資格講座

資格を活かせる仕事

ビーズアーティストとしての資格を持っていると、手芸店や、ビーズに特化したショップでの就職に有利です。

この資格を取得するにあたり、ビーズアクセサリーの作り方を一通り学びますので、ショップに来られたお客さまへ、ビーズを売るだけではなく、アドバイスもすることができます。

このようなスキルがある方が、ショップでの採用も有利となります。

また、ハンドメイドのビーズアクセサリーをネットオークションなどのサイトなどを通じて、インターネットで販売をすることもできます。その際、ビーズアーティストという資格を明記すれば、購入者側に信頼感も与えます。

実店舗でも、ハンドメイドの商品を置いて、委託販売を行っているところがあります。そのような店舗に自分の商品を置いてもらい、販売をすることもできます。この際にも、ビーズアーティストの肩書きを活かすことができます。

ビーズアクセサリーは、すき間時間に行うことのできる作業ですので、主婦や、仕事を持った女性まで、幅広い年齢層に人気があります。

ですので、ビーズアクセサリーを教えるカルチャースクールの講師としての需要も期待できます。その際には、この資格があれば有利です。

また、ビーズアクセサリーを作る作業は、細かい作業となりますので、お年寄りの認知症予防に行うことがあります。そのような方々のための講習会の講師や、老人施設での指導などの仕事にも、この資格を役立てることができます。

ハンドメイド好きが集まるSNS

ハンドメイドや手作り作品を無料で紹介できる「ワタシサクヒン
ご自身のブログやサイト、minneやメルカリなどの販売サイトに誘導してください。趣味で作った作品でも大歓迎です。
サイト内でフォローしあって交流を深めることもできるのでハンドメイド好きな方は是非ご利用ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる