レジンアートデザイナー認定試験の難易度・合格率・試験日など

レジンアートデザイナー認定試験とは

レジンアートは紫外線硬化樹脂であるレジンを使い、金属、プラスティック、布、紙など、お好みのものを中に閉じ込めて、アクセサリーなどの作品を作ります。
手軽にできるので、たくさんの方が楽しまれています。ただし、やはりもっと上手に、もっと綺麗にと思うと、個人でのお勉強では限界があります。
限界に達したくないという方は、レジンアートデザイナー認定試験の受験をお考えになると良いでしょう。
試験はインターネットで申し込みをし、在宅で受験します。レジンとは何かというところから、作品を作るところまで出題範囲は幅広いです。
また、作って提出する作品は1つではありません。複数個提出します。受験者の多くが、個人で趣味として作品作りと楽しまれている方が多く、さらなる高みを目指されて受験するようです。
最近はネット上で自分が作った作品を売っている方もいます。その際、資格名を書くことができれば、購入を考える人に安心を与えることができます。

お勧めサイト ハンドメイド・手作り作品を紹介したり交流できるSNS「ワタシサクヒン」

スポンサーリンク

目次

レジンアートデザイナー認定試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽
資格区分なし
受験資格なし
試験日程偶数月の中旬(年6回)
試験方法在宅受験
合格点70%以上の評価
免除科目なし
試験場所自宅など
受験料10,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本デザインプランナー協会

スポンサーリンク

レジンアートデザイナー認定試験の試験内容

レジンを作るために、UVレジンって何?、UVレジンの使い方、UVレジンと必要道具・便利道具、レジン作品の形を作る、シリコン型を使った基本テクニック、ミール皿を使った基本テクニック、自作フレームでアクセサリーなど・・・

レジンアートデザイナー認定試験の受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

レジンアートデザイナー認定試験の難易度

試験問題や合格率が分からないので何とも言えませんが、在宅受験であることからそこまで難しい試験では無いと思います。

資格を活かせる仕事

完全に趣味の資格になりますので、仕事や就・転職で活かすことは難しいです。

自分で作品を作ってネットショップなどで販売することを検討しているのであれば、販売者ページで当資格を書くことにより信用度はアップするかもしれません。

ハンドメイド好きが集まるSNS

ハンドメイドや手作り作品を無料で紹介できる「ワタシサクヒン
ご自身のブログやサイト、minneやメルカリなどの販売サイトに誘導してください。趣味で作った作品でも大歓迎です。
サイト内でフォローしあって交流を深めることもできるのでハンドメイド好きな方は是非ご利用ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる