デコアーティスト技能検定試験の難易度・合格率・日程など

デコアーティスト技能検定とは

デコアーティスト技能検定は、日本デコアーティスト協会が実施している日本で唯一家にいながらデコアーティストの資格が得られる検定試験です。
試験は1級~3級までレベルに合わせた区分に分かれています。
受験に使う道具は個人で用意し、材料などは自分で用意するか、もしくは受験キットを協会が購入して準備します。
受験に使う材料は事前に知らされますが、課題は受験日の前日に知らされます。そして、完成させた課題は壊れないように梱包して、作品提出日に協会に送ります。
受験日前日の課題到着から作品提出日までの時間の流れに不安を感じられる方もいるかもしれませんが、課題は受験日前日の午前中に届くことになっているので、届かない場合は協会に連絡すれば対応してもらえます。
また、作品提出日は消印や宅急便の受付日で有効無効が判断されます。このようにして、在宅とはいえ検定試験としての平等性・公正性は保たれるように配慮されています。
受験資格は特にありません。3級と2級はどなたでも受験することができます。
ただし、1級だけは2級取得者となっており、1級を取得したい方はまずは2級に合格しなければいけません。
どの級も課題となる本体とデザインの指定はありますが、あとは自由です。ご自分のセンスを最大限に生かして作品を仕上げましょう。また、課題は複数あります。

スポンサーリンク

目次

デコアーティスト技能検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽
資格区分1級・2級・3級
受験資格誰でも受験できます(1級は2級合格者)
試験日程6月下旬(年1回)
試験方法実技試験(指定の材料を使ってデコアート作品を製作)
免除科目なし
試験場所自宅など
受験料【1級】15,400円【2級】12,300円
【3級】8,200円
※別途教材費が必要
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本デコアーティスト協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

デコアーティスト技能検定の受験流れ

  1. 申し込み
  2. 受験料の振込
  3. 受験票と教材が到着
  4. 課題の到着
  5. 試験課題製作
  6. 課題を発送
  7. 合格発表

デコアーティスト技能検定の試験内容

出題形式

指定の材料を使ってデコアート作品を製作します。ストーンやパーツの接着の技術、指定のデサインを正確にバランスよく製作できるかなどの技術を問う。

1級の見本

デコ見本1

2級・3級の見本

デコ見本2

出題範囲

  • 課題1:ハートモチーフのデザイン
  • 課題2:グラデーションのデザイン
  • 課題3:自由課題アニマル

合格点

総合的見地から審査

しかく姫のアイコン画像しかく姫

課題の作成だけで一日を過ごせる方ばかりではないかと思いますので、ホームページ上の求められている課題から事前に必要な時間の目安を出しておくと当日慌てることなく作品提出をすることができるかと思います。

資格侍のアイコン画像資格侍

製作期間が実質3日しかありませんので、仕事や家事に忙しい方は時間を確保できるように調整しておきましょう

デコアーティスト技能検定の受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

しかく姫のアイコン画像しかく姫

「デコアーティスト技能検定」というワードで検索されている方が少ないので受験されている方も少ないと推測できます。

デコアーティスト技能検定の難易度

認定レベルとして

  • 1級:高度なレベルのデコアーティストとしての技術が備わっていることが必要
  • 2級:デコアートの基本的な知識・技術が備わっており、 デコアートの基本の柄を製作できる
  • 3級:デコアートの基本的な知識・技術が備わっている

と記載されています。

合格率が分からないので何とも言えませんが、3級については課題が2つしかなく、採点基準も緩いので、こういった作業が好きな方であれば難なくこなせる難易度だと考えられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる