MENU

タロットリーディングマスター検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 5/25
タロットリーディングマスター検定試験の難易度・合格率・試験日など
タロットリーディングマスター検定とは

色々な占いがありますが、その中でもタロットカードを用いた占いは人気があります。

カードには意味があり、それを引いたことにどんな意味があるのかなど占い師さんから説明を受け、これからの自分の行動に反映させていくことで良い結果を導くことができたりすると言われています。

タロットリーディングマスターは、日本能力開発推進協会が行っている検定で、合格するとタロット占術師であることを証明できる資格になっています。

占いにはコミュニケーション能力や、相談事を聞く力なども必要なので、心理系の資格と一緒に取得されている人も多いです。クライアントの悩みをしっかりと受け止めてアドバイスしていかなければ、カードの意味を伝えるだけになってしまいます。

取得したあとも勉強することは多いですが、趣味を仕事にしたい、誰かの役に立ちたいという人にはおすすめの資格です。

タロットリーディングマスターの検定を受けるためには、指定された講座カリキュラムを修了しなければいけません。試験は自宅で受けることができます。

もっとタロット占いについて知りたいという人も挑戦できる資格です。

スポンサーリンク

目次

タロットリーディングマスター検定の基本情報

資格名 タロットリーディングマスター検定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別 民間資格
ジャンル 趣味・娯楽
受験資格 カリキュラム修了者
試験日程 随時実施
試験場所 自宅
試験内容 カリキュラム修了後に在宅試験
免除科目
合格点 70%以上の得点率
受験料 5,600円(講座は48,000円程)
登録・更新
問い合わせ 一般財団法人 日本能力開発推進協会
関連資格 風水アドバイザー

スポンサーリンク

タロットリーディングマスター検定の試験内容

タロットカードの歴史、大アルカナ、小アルカナの基本知識、タロット占いの基本知識、スプレッドの基本知識、さまざまなケーススタディ

タロットリーディングマスター検定の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

タロットリーディングマスター検定の難易度

カリキュラム修了後に在宅受験にて試験を受けるので試験の難易度的にはかなり低いです。

タロットリーディングマスター検定の勉強法

カリキュラムがあるので特に試験対策を立てる必要はありません。

資格を活かせる仕事

資格を取得しなくても占い師として活躍することも可能ですが、資格を持って入ればある程度の技術を客観的に評価してもらうことができるので、占い師として本格的に活動していきたいのであれば取得しておいて損は無いと思います。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる