天然石検定試験の難易度・合格率・試験日など

天然石 趣味・娯楽の資格

天然石と言えばパワーストーンが有名ですが、天然石が持つ力(エネルギー)は、無限大にあると言われています。

天然石の市場の健全さを維持する目的で実施している天然石検定は、「公益財団法人 日本生涯学習協議会」が実施している検定試験になります。

試験は1級と2級があり、1級を取得することにより、マスター検定試験にチャレンジすることができます。それぞれの試験区分に合格してディプロマになることで、公式教材を10%割引で購入できる特典があります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 天然石検定
評価
【2級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級
受験資格 【1級】2級ディプロマIDが必要(2級を取得)
【2級】誰でも受験できます
試験場所 全国各地(試験日により異なる)
試験方法 筆記試験(選択問題と記述問題)
免除科目
合格基準 非公開(問題によって合格点が変動)
受験料 【1級】11,314円
【2級】9,257円
登録・更新 【1級】ディプロマ登録料:21,600円
【2級】ディプロマ登録料:10,800円
問い合わせ 公益財団法人 日本生涯学習協議会
関連資格
  • 風水アドバイザー(基本知識、住宅や商業に関する風水、環境と人に関する風水などが試験内容)

趣味・娯楽の資格一覧

試験日程

不定期

試験内容

試験内容は公式教科書に準ずる。

問題数は1級が90問、2級が50問で試験時間は60分になります。

受験者数・合格率

合格率は1級で6~7割、2級だと7~8割

試験の難易度

この資格にチャレンジするということは、それなりに「天然石」対して興味があると思うので、そういった人であればそれほど難しく感じないかもしれません。

ただ、天然石に関する知識が全くない状態だと、専門用語が数々登場するので難しく感じるでしょう。

試験の勉強

勉強法としては公式テキスト「天然石(ジェムストーン)がわかる本」があるので、それをメインに勉強しますが、模擬問題などが無いので、検定用テキストとしてはあまり評価が高くありません。

公式ホームページ内に練習問題が載っているので、どの程度のレベルの問題が出題されるのか確認してみて下さい。

勉強法 天然石検定 勉強法(準備中)
テキスト 天然石(ジェムストーン)がわかる本

資格を活かせる仕事

宝飾業界(ジュエリー販売)や鑑定士など、宝石を扱う職種で活躍できるかもしれません。

しかし、この資格を取得したからと言って、就職や転職に有利になることはありません。

余談

天然石が持つエネルギーの一部

宇宙的エネルギー

身の回りに無尽蔵にある、エネルギーの一種

霊的エネルギー

人間には肉体の他に、物理的な身体に症状が現れる前に現れる「エーテル体」、感情や情緒、芸術的感性や審美眼などの媒体となっている「幽体」、理性、知性、論理性、学術性などをつかさどる「霊体」の3つの身体が存在します。

イリデッセンス効果

遊色効果とも言われており、光を当てた際に乱反射が起こることにより、虹色の様な多色の輝きが生じることです。レインボウと呼ばれており、幸運をもたらすと言われています。

キャッツアイ効果

宝石などに見られる光の効果のひとつで、魔よけの効果があると言われています。

など・・・様々な力(パワー)を持っています。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事