AED管理士試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

AED(エー・イー・ディ)の正式名称は、「自動体外式除細動器」と呼ばれており、心臓の動きに異常がある(心室細動)人に対して行われる治療行為で、電気ショックを与えることにより、心臓の動きを正常に戻すことにより、救命率を向上させます。

電気ショックで一度止まってしまった心臓を動かすことができるAEDは、全国のあらゆる場所に設置されていますが、見たことはあっても触ったことが無いという人がほとんどだと思います。

そして設置されているAEDは保守管理が一部不十分となっているものもあるとされていて、いざ使用する際にきちんと動かなかったという事態になってしまう恐れもあります。

AED管理士は、AEDの取り扱いを行うスペシャリストで、AEDに対する知識や技量をはもちろん、正常に活用できるよう人材を育成することも目的としています。

AED管理士は、初級・中級・上級とありAEDの使い方を知っているだけでなく保守管理もしっかりできることを証明する資格です。

試験は年4回以上実施されています。初級は資格取得の際に条件はありません。中級は初級資格を取得して1年後、普通救命講習を受講すると受ける事ができます。さらに上級は中級を取得して2年後、応急手当普及認定取得者以上の資格があれば受験可能となります。

初級ではAEDの一般的知識が問われ、中級では保管や点検に関する筆記試験が行われます。上級になると中級と同様保管や管理の筆記試験に実際に使用する実技試験も加わります。

医療現場で勤務している人、医療関係のメーカーに勤務している人はもちろん一般の取得者も増えている資格です。

スポンサーリンク

基本情報

資格名AED管理士
人気
将来性
就・転職
【初級】
難易度
【初級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル医療・心理
資格区分初級、中級、上級、講師
受験資格【初級】なし
【中級】初級を取得し1年経過した後に、普通救命講習を受講
【上級】中級を取得し2年経過した後に、応急手当普及認定を取得
【講師:上級を取得し、協会より推薦
試験日程【初級】随時(年4回以上)
【中級・上級】10月中旬
【講師】AED日本振興協会にて確認
試験場所【筆記試験】自宅など
【実技試験】AED日本振興協会が指定する会場
試験内容【初級・中級】筆記試験(ネット受験)
【上級】筆記試験(ネット受験)、実技試験
免除科目
合格点非公開
受験料【初級】3,000円【中級】6,000円
【上級】10,000円【講師】25,000円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 AED日本振興協会
関連資格

AED日本振興協会の目的

  1. 一般市民に対するAED講習会の実施
  2. AED寄贈
  3. 講演会開催
  4. AED及びPADに関する普及・啓蒙
  5. AED管理士会の運営

試験内容

初級

AEDに関する一般常識

中級

保管、点検

上級

保管、点検、AEDの使用方法

受験者数・合格率

非公開

試験の難易度

合格率はほぼ100%

資格を活かせる仕事

この資格を取得しても就職や転職で有利になることは無いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

医療・心理の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました