天気検定試験の難易度・合格率・試験日など

環境・自然の資格

天気検定とは、皆さんの生活の中で大きな影響を与える天気に関する幅広い知識を持ってもらう為にできた検定試験で「天気検定協会」が実施しています。

天気に関する資格と言えば、国家資格の気象予報士を思い浮かべると思いますが、天気検定は受験者のレベルに合わせて1級~4級(天気図作成級)まで区分されているので、天気に興味のある方なら誰でも気軽に受験できるのが特徴です。

天気に関する知識を得ることで、アウトドアや日常生活における天候の変化を察知することができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 天気検定
評価
【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級、3級、4級、天気図作成級
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 東京・大阪・藤沢・静岡
試験方法 【1級】筆記試験(記述式・論述式)
【2級~4級】筆記試験(マークシート式)
【天気図作成級】作図試験
免除科目
合格基準 【1級】100点満点中50~60%程の正解率
【2級】100点満点中60%程の正解率
【3級・4級】100点満点中70%程の正解率
【天気図作成級】100点満点中70%程の正解率
受験料 【1級】6,000円【2級】5,000円
【3級】4,000円【4級】3,000円
【天気図級】2,000円
登録・更新
問い合わせ 天気検定協会
関連資格
  • 気象予報士(天気検定とは比べ物にならないぐらい難易度は高い)

環境・自然の資格一覧

試験日程

6月上旬、12月上旬(年2回)

試験内容

1級

【対象者】
天気に関わるあらゆる事象を極め、自分なりの思考を展開できる人

【問題数】
選択式(マークシート):20 問程度、記述及び論述:10 問程度

【内容】
現象の把握・考察、社会・生活への応用、人文科学との検証、自論への展開、2~4級の知識を応用

2級

【対象者】
天気に関する幅広い分野の専門知識、高度な教養を身に付けている

【問題数】
選択式(マークシート) :30 問程度

【内容】
気象の原理、局地的な現象、気候変動 (気象の変化)、気象災害、産業と経済、生気象、スポーツ(レジャー)、文化(芸術)

3級

【対象者】
天気の仕組みを理解し、日本の四季に関する知識を持っている

【問題数】
選択式(マークシート):30~40 問

【内容】
天気の仕組み、観測、気象の記録、気象の実験、日本の代表的な天気、四季と生活、観天望気

4級

【対象者】
日本の天気の基礎知識を持っている

【問題数】
選択式(マークシート):20~30 問

【内容】
空、雲、雨・雪、季節と天気、天気図の基本、天気予報の見方

天気図作成級

【対象者】
正確な天気図を書ける

【内容】
ラジオ気象通報を聞いて天気図を作成する中で天気記号や等圧線、前線に対する理解力を問う

受験者数・合格率

合格率は1級で50%程、2級で35%程、3級で80%程、4級で80%程になります。

試験の難易度

過去問を見てみましたが、4級に関しては特に天気に関する知識を要していない私でも簡単にクリアできます。

3級からは日常生活では出てこない専門用語が出てくるのでそれなりの対策は必要になるでしょう。

合格率は比較的高いですが油断は禁物です。

試験の勉強

天気検定協会から出している「なるほど!お天気学 天気検定公式テキスト」をメインに過去問を併せて勉強すると良いでしょう。

勉強法 天気検定 勉強法(準備中)
テキスト 天気検定 公式テキスト

資格を活かせる仕事

まだまだ企業認知度の低い資格になるので、この資格を取得したからと言って気象に関する仕事で優遇されるとは考えにくいです。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事