日本文学検定試験の難易度・合格率・日程など

日本文学検定とは

本文学を未来につなげようという趣旨の元、日本文学検定委員会が主催している検定試験です。
今まさに日本文学を勉強しているという方だけでなく、久しぶりに日本文学の勉強するという方も挑戦しやすくなっています。
様々な検定試験がある中で、今更、日本文学について勉強してもと思われる方もいるかもしれません。
しかし、語彙力や文章力だけでなく、いわゆる日本語力と言われるものを高めるには、やはり文学の勉強は欠かせません。そこにはハッとするような表現力や、実生活に生かせる知恵・思考などで満ち溢れています。
それらを知ると、当たり前に思っていた日常の風景が、本当はもっと豊かであったり、情緒的であったりすることに気づかされることがあります。
それに、何しろ検定を監修されている先生方が第一線で活躍されている先生方ばかりです。
先生方の講義に参加せずに、先生方が大切だと考える現代日本人に必要な文学的素養を学べるという点でも魅力的です。

スポンサーリンク

目次

日本文学検定の基本情報

日本文学検定
資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分2級(古典・近現代)、3級(古典・近現代)
受験資格誰でも受験できます
試験日程8月下旬(年1回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所東京・大阪
受験料【2級】4,900円(1科目)
【3級】6,400円(1科目)
※学割あり
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本文学検定委員会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

【関連資格】

スポンサーリンク

日本文学検定の試験日

未定

日本文学検定の試験内容

出題形式

【2級】4者択一
【3級】4者・2者択一

出題範囲

古典では上代から近世日本文学、近現代では明治以降の日本文学

問題は「公式テキスト」の内容に準じます。

合格点

80%以上の正解

日本文学検定の受験者数・合格率

3級の合格率は50~60%程になります。

日本文学検定の難易度

3級については、学校で習う程度の一般知識があればいいのと、2者択一問題もあることから試験の難易度としては低いですが、正解率が80%以上必要になるので、合格率は50%程度しかなく苦戦する方も多いのが実情です。

日本文学検定の勉強法

公式問題集で試験内容を理解する

まずは公式問題集がありますので、そちらを利用して勉強を進めましょう。

口コミでは内容が分かりにくいとの声もありますが、試験内容を理解するにはやはりこのテキストは必須です。

過去問で問題をこなす

それぞれの区分に対応した「過去問」もありますので、併せて購入しておきましょう。(Kindle版)

資格侍のアイコン画像資格侍

2020年3月8日時点で、次回試験の発表はされていませんので、本格的に試験対策を始めるのは発表があってからの方がいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる