MENU

イベント検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 5/25
イベント検定試験の難易度・合格率・試験日など
イベント検定とは

より適切で効果的なイベントを実施するための知識を問う試験で、平成9年に創設されました。

試験を受験するには、18歳以上で尚且つ日本イベント産業振興協会が認定している「イベント業務基礎知識通信講座」、「通学講座」、「認定セミナー」のいずれかを修了しなければいけません。

どんなイベントでも、成功させるためにはイベントの立案から発注業務、管理・調整を的確に行わなければいけないなか、注目を浴びている資格です。

スポンサーリンク

目次

イベント検定の基本情報

資格名  イベント検定
資格種別 民間資格
受験資格 18歳以上で、尚且つ日本イベント産業振興協会が認定している「イベント業務基礎知識通信講座」、「通学講座」、「認定セミナー」のいずれかを修了
試験方法 筆記試験(択一式)
試験場所 札幌、新潟、東京、名古屋、大阪、福岡
試験日程 7月上旬、11月下旬(年2回実施)
申込期間 8月上旬~10月末
合格発表 12月上旬
受験料 受験料:10,800円
登録料:10,800円
問い合わせ 一般社団法人 日本イベント産業振興協会

スポンサーリンク

イベント検定の試験日

2019年度試験

試験日 申込期間
2019年7月6日(土) ~6月16日
2019年11月16日(土) 7月16日~10月27日

イベント検定の試験内容

イベントと社会に関する知識、イベントの基礎に関する知識、イベントの構造に関する知識

イベント検定の受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2014年 119人 89.1%

イベント検定の難易度

簡単です。

イベント検定の勉強法

公式テキストからある程度出題されるので内容を把握しておいて下さい。

独学でも十分取得可能ですが、不安な方はセミナーも実施されているので参加してみても良いです。詳しくは日本イベント産業振興協会のHPで確認して下さい。

イベント検定の詳しい勉強法

イベント検定を活かせる仕事

イベント企画会社で活躍することができます。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる