中央競馬調教師(厩務員)の資格情報

資格名中央競馬調教師(厩務員)
評価調査中
資格種別公的資格
資格法令
資格区分なし
応募資格下記参照
試験方法下記参照
試験場所日本中央競馬会 競馬学校
試験日程1次試験:5月
2次試験:6月
申込期間3月中旬~4月上旬
合格発表1次試験:10月
2次試験:12月
受験料無料
問い合わせJRA競馬学校

スポーツの資格一覧

スポンサーリンク

概要

中央競馬の調教師になるには、JRA(日本中央競馬会)が実施している競馬学校厩務員課程を修了して、日本調教師会が行う調教師試験に合格することが一般的で、競走馬に対する知識、経験、実力が求められる職業になります。

(ここでは競馬学校の厩務員課程試験について記載しています)

調教師免許試験に関しては、「JRA競馬学校の入学から卒業まで(調教師免許試験)」を参照して下さい。

応募資格

年齢

20歳未満

学歴

競馬学校入学時に中学校卒業以上の学歴を有する者、又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者

健康状態

厩務員として業務を行うのに支障がない者

騎乗経験

牧場における競走馬・育成馬騎乗経験が1年以上の者

その他

禁錮以上の刑に処せられた者、法令により競馬に関与することを禁止又は停止された者など、競馬の公正を害するおそれがあると認められるに足りる相当の理由のある者は応募することができません。

試験内容

1次試験

身体検査、運動機能検査、学科試験[一般教養(漢字読み書き、社会)、競馬一般]

2次試験

身体検査、騎乗適性検査、本人面接

試験の難易度

調査中

資格を活かせる仕事

中央競馬の調教師として活躍することができます。

中央競馬調教師の収入

JRAに所属している調教師の平均年収は1,200万円で一般のサラリーマンに比べると大幅に多い収入になります。

騎手の平均年収が3,700万円ということを考えると低いですが、騎手はレースで入賞しなければ収入を得ることができないのに対して、調教師はレースで得られる収入の他に、馬を管理する為、馬主から支払われる預託金がありますので、騎手に比べると安定した収入を得ることが可能です。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポーツの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました