法務省専門職員試験(人間科学)の難易度・合格率・試験日など

法務省専門職員試験とは

法務省における人間科学の知識が必要な官職に従事する職員を採用するため,平成24年度に新設された採用試験です。
少年院や少年鑑別所に勤務して、非行を起こした少年や少女の社会復帰を手助けできるよう、指導や助言を行います。

スポンサーリンク

目次

法務省専門職員試験の基本情報

資格種別国家資格(公務員)
ジャンル治安
資格区分なし
受験資格年齢や学歴により細かく設定されていますので、詳しくは法務省のホームページでご確認下さい
試験日程年1回実施
試験方法【一次試験】基礎能力試験、知識分野
【二次試験】人物試験、身体検査、身体測定
免除科目
試験場所札幌、仙台、秋田、東京、名古屋、金沢、堺、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇
受験料無料
登録・更新
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ法務省

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

【関連資格】

スポンサーリンク

法務省専門職員試験の試験日

【試験日】
<一次試験>6月
<二次試験>7月

【申込期間】
4月

法務省専門職員試験の受験者数・合格率

合格率は13%程

法務省専門職員試験の難易度

難しいです。

法務省専門職員試験の勉強法

法務省専門職員 対策(テキスト)

資格を活かせる仕事

法務省に属し、少年鑑別所や少年院で勤務することになりますが、法務省専門職員の中でも、少年・少女と面談しながら更生させる「矯正心理専門職」、少年、少女を社会復帰させるために教育する「法務教官」、保護観察所で再犯防止策を考える「保護観察官」の3つの職種に分かれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる