ツアーコンダクター試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ツアーコンダクター
評価
資格種別 公的資格
資格法令
資格区分 国内、総合
受験資格 18歳以上で、日本添乗サービス協会会員の添乗員派遣会社に登録していること
受講過程 下記参照
試験場所 札幌、仙台、東京、静岡、名古屋、大阪、広島、岡山、福岡、鹿児島、沖縄
受講日程 ほぼ毎月実施される
申込期間 随時
合格発表 発表時期は未定
受験料 10,200円
問い合わせ先 一般社団法人 日本添乗サービス協会
スポンサーリンク

概要

ツアコン

ツアーコンダクターの正式名称は「旅程管理主任者」で、旅行会社が企画する旅行やツアーに同乗して、旅行計画に従って旅行者が安全に快適に楽しめるように、交通機関や施設との調整を行い、旅程を調整する業務を行うために必要になる公的資格で、「日本添乗サービス協会」が実施しています。

ツアーコンダクターの試験区分は、旅行業務取扱管理者と同様に「国内」と「総合」に分かれており、国内では国内のみ添乗可能なのに対して総合では海外も添乗することができます。

ツアーコンダクターの資格には試験は無く、いくつかの研修を受講することで取得することができますので、時間とお金に余裕のある18歳以上であれば誰でも簡単に取得することができます。(但し、搭乗実務経験が必要)

受講内容

1.添乗員派遣会社に登録

旅行会社の派遣会社や会社に就職しましょう。

2.基礎添乗業務研修を受講

eラーニング講座を実施(パソコンができる環境が必要)

3.国内または総合旅程管理研修を受講

国内旅程管理研修(2日間)
  • 法令約款
  • 国内添乗実務
総合旅程管理研修(3日間)
  • 法令約款
  • 国内添乗実務
  • 海外添乗実務&添乗英語

4.修了証書を交付

研修修了者に対して交付

5.添乗に関する実務を経験

次のいずれかを経験しなければいけません。

  • 実際のツアーに補助添乗員として同行
  • 手配旅行に添乗員として同行
  • 登録会社の研修ツアーに参加して研修
  • 協会主催の研修ツアーに参加して研修
実務経験の回数

次のいずれか

  • 旅程管理研修修了日の前後1年以内に1回以上
  • 旅程管理研修修了日から3年以内に2回以上

合格基準

研修を受講すればほぼ100%合格できる

試験の難易度

簡単です。

試験の勉強

勉強する必要は無いです。

資格を活かせる仕事

ツアーコンダクターとして活躍することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2016年12月23日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク