ラジオ体操指導者試験の難易度・合格率・講習会など

ラジオ体操指導者試験とは

全国ラジオ体操連盟が主催している民間資格で、ラジオ体操指導員、1級ラジオ体操指導士と、2級ラジオ体操指導士の3つが設けられています。
普及推進活動においては、1級ラジオ体操指導士は、全国地域が対象ととなり、2級ラジオ体操指導士は都道府県内が対象、ラジオ体操指導員は近隣地域が対象となっています。
資格を取るには、指定の会場において約2時間半の講習会を受ける必要があります。1級と2級のラジオ体操指導士を取得するには、この講習会の半年後に指導者講習会を受講します。
こちらの講習会では、筆記試験及び実技試験が行われます。実技試験は、鏡像による模範演技となります。

スポンサーリンク

目次

ラジオ体操指導者試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分1級、2級、指導員
受験資格18歳以上がベース(飛び級はできない)
試験日程実施会場により異なる(年2回)
試験方法筆記試験、実技試験
免除科目なし
試験場所全国各地の会場
受験料無料
登録・更新認定料:10,000円(1級)、5,000円(2級)、2,000円(3級)
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせNPO法人全国ラジオ体操連盟

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

ラジオ体操指導者試験の受験者数・合格率

受験者数、合格者数共に非公開

ラジオ体操指導者試験の難易度

ラジオ体操等の優れた技能と指導力を持って従来から継続的に普及推進活動に当たり、多方面にわたる活動を行いかつ高い実績を有し、原則として全国地域を対象に普及推進活動ができる者

ラジオ体操指導者試験の勉強法

事前に講習会の受講が必須になりますので、事前に何か試験対策を立てる必要はありません。

ラジオ体操に関するテキストを探す

資格を活かせる仕事

こちらの資格を取得していると、体操教室や、スポーツジム、幼稚園や保育園、高齢者施設などにおける、体操指導員としての就職に役に立ちます。

ラジオ体操は、国民の体力向上を目的に制定されたスポーツであり、子どもからお年寄りまでが行える効率的な運動を取り入れています。

ラジオ体操により、血行促進や、背骨や腰椎のゆがみの改善、肩こり対策や、呼吸機能の促進などの効果があるとして、昨今ではラジオ体操に再び注目が集まっています。

高齢化社会が進んでいる現在、高齢者施設が増えています。

資格侍のアイコン画像資格侍

施設内では、効率的に身体を動かせ、誰もが知っているラジオ体操を取り入れることが多いため、ラジオ体操指導者は必要な人材となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる