健康予防管理専門士試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

財団法人職業技能振興会が実施している健康予防管理専門士の資格は年に2回開催されています。受験資格はなく、誰でも受験できます。

4人に1人が65歳以上という日本の高齢化社会において、病気になる前の予防というものはとても重要とされています。生活習慣病になってしまっている人も多く、日頃の生活で生活習慣病にならないための予防をしていくことは重要だとされています。

健康予防管理専門士は、健康的な生活を送るために必要な知識を得ている事を証明できる資格です。

試験はマークシート方式で60問、7割以上の正解で合格となります。

どのような人が受験されているのか見てみると、介護職関係、医療職関係、専業主婦、社会福祉相談員、臨床検査技師、公務員、栄養士・管理栄養士、理学療法士、学生となっています。

学生は介護や医療の現場での活躍を目指している人や専門学校での団体受験も多く、注目されている資格である事が分かります。

専業主婦の場合、ご自身やご家族みんなの健康を考えて受験されているのではないでしょうか。自分のため、大切な家族のため、そして社会でも活かせる資格となっています。

資格は2年に1回の更新が必要です。

スポンサーリンク

健康予防管理専門士試験とは

資格名健康予防管理専門士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分なし
受験資格なし
試験日程7月上旬(年1回)
試験場所東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、福岡、長崎、富山、秋田
試験内容筆記試験(マークシート方式[60問])
免除科目なし
合格点問題の総得点の7割を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者
受験料7,500円(学生:4,000円)
登録・更新2年ごとの更新が必要。更新料:5,000円
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般財団法人 職業技能振興会
関連資格

健康予防管理専門士試験の試験日

第19回試験

【試験日】2019年7月7日(日)
【申込期間】2018年12月10日~2019年5月20日
【合格発表】試験後、約6週間後

健康予防管理専門士試験の試験内容

  • 健康予防管理専門士の役割
  • 健康予防管理・指導の基礎知識
  • 健康づくりの基礎知識
  • 食事・栄養に関する健康づくり
  • 運動による健康づくり
  • 生活習慣病と予防の知識
  • 応用問題(時事問題など)

健康予防管理専門士試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年219人43.8%

受験者の平均年齢が42.7歳。3人に1人が介護の現場で働いている方なんだよ~

健康予防管理専門士試験の難易度

一般常識の問題が多く出題されるので決して難しい試験ではありません。

健康予防管理専門士試験の勉強法

公式テキスト「健康予防管理専門士試験公式テキスト」があるので勉強はやりやすいと思います。

資格を活かせる仕事

試験合格後は、認定証を発行してもらわなければいけません。

認定証を受け取り健康予防管理士として認められたら、資格を活かして仕事ができます。

介護現場に勤務している人の場合、利用者様とそのご家族に健康に関するアドバイスを行う事ができます。患者様への健康情報の提供もできますので、ご自身で健康な生活を送れるように指導していくことが可能です。

講師として活躍することもできますので、健康に関心にある人々に対してセミナーを開催したりして、病気を予防する生活について指導していくことができます。

企業内での健康カウンセラーとして活躍することもできますし、定年退職後にボランティアとして活動をされているという人もいます。様々な活躍が可能な資格です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

美容・健康の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました