理容師試験の難易度・合格率・試験日など

理容師とは、髪を切って整える等の理容を行う仕事で、厚生労働大臣が指定した、理容師養成施設を卒業することで受験資格を得ることができます。理容師試験は「筆記試験」と「実技試験」に分かれており、両方を合格して、、「公益財団法人 理容師美容師試験研修センター」で免許登録することで晴れて美容師になることができます。

理容師は業務独占資格になりますので、理容師の免許が無ければ、理容師としての業務を行うことができません。

尚、基本的には高卒でなければ入学することができませんが、中卒でも厚生労働省令で定められている要件に該当することで入学することができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名理容師
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格(業務独占資格)
ジャンル美容・健康
資格区分なし
受験資格理容師・美容師養成施設で、次のいずれかの課程を修了した人
・昼間課程:2年以上
・夜間課程:2年以上
・通信課程:3年以上
試験日程年2回実施
【実技試験】2月、8月
【筆記試験】3月、9月
試験場所全国各地
試験内容筆記試験、実技試験
免除科目筆記試験のみに合格した場合は、次回の試験では筆記試験が免除になります。実技のみに合格した場合は、実技のみ免除
合格点【筆記試験】
100点満点中70点以上で、尚且つ全ての科目で0点が無い
【実技試験】
カッティングの減点が40点以下で尚且つワインディングの減点が50点以下
受験料25,000円
登録・更新免許申請書を提出。登録免許税と申請手数料、住民票などを提出することで免許を取得できる
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ公益財団法人 理容師美容師試験研修センター
関連資格

試験日

第39回試験

【試験日】
<実技試験>2019年2月1日から
<筆記試験>2019年3月3日(日)

【申込期間】
2018年11月6日~11月28日

【合格発表】
2018年3月29日

試験内容

筆記試験

関係法規・制度、衛生管理、理容保健健、理容の物理・化学、理容理論

実技試験

理容の基礎的技術(カッティング・シェービング・整髪)、美容を行う場合の衛生上の取り扱い

受験者数・合格率

年度受験者数合格率
2018年前830人57.5%
2017年後1,116人72.8%
2017年前836人62.9%
2016年後1,261人75.1%
2016年前880人60.5%
2015年後1,253人75.1%
2015年前862人61.0%
2014年後1,458人76.6%
2014年前1,028人52.4%
2013年後1,430人66.6%
2013年前1,074人52.3%
2012年後1,399人67.0%
2012年前929人50.1%

試験の難易度

美容師試験と同じと思われるかもしれませんが、理容師の場合、実技試験で顔ソリがありますので、一般的に理容師の方が難易度が高くなります。

合格率も美容師は毎年70%程ありますが、理容師の場合は60%程しかありませんので、理容師を目指す際はそれなりの覚悟が必要です。

試験の勉強法

理容師の勉強法

資格を活かせる仕事

今流行りの1,000円カットなどの激安店では理容師の需要が高いです。

理容師の仕事

理容師の収入

理容師の平均年収は280万円程度になります。

美容師と大差ありませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

美容・健康の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました