美容師試験の難易度・合格率・試験日など

美容・健康の資格

美容師とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくする人のことを指し、主に美容室や結婚式場などで仕事を行います。

美容師になるには、厚生労働大臣が指定した、美容師養成施設を卒業することで受験資格を得ることができますので、その国家試験に合格して、「公益財団法人 理容師美容師試験研修センター」で免許登録することで晴れて美容師になることができます。

美容師は業務独占資格になりますので、美容師の免許が無ければ、美容師としての業務を行うことができません。美容関係の資格で、もっとも認知度が高く、多くの若者が取得を目指している資格の一つです。

尚、美容師学校の入学条件としては、基本的には高卒でなければ入学することができませんが、中卒でも厚生労働省令で定められている要件に該当することで入学することができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 美容師
評価
資格種別 国家資格(業務独占資格)
資格区分 なし
受験資格 理容師・美容師養成施設で、次のいずれかの課程を修了した人
・昼間課程:2年以上
・夜間課程:2年以上
・通信課程:3年以上
試験場所 全国各地
試験方法 筆記試験、実技試験
免除科目 筆記試験のみに合格した場合は、次回の試験では筆記試験が免除になります。実技のみに合格した場合は、実技のみ免除
合格基準 【筆記試験】
100点満点中70点以上で、尚且つ全ての科目で0点が無い
【実技試験】
カッティングの減点が40点以下で尚且つワインディングの減点が50点以下
受験料 25,000円
登録・更新 免許申請書を提出。登録免許税9,000円と申請手数料5,200円、住民票などを提出することで免許を取得できる
問い合わせ 公益財団法人 理容師美容師試験研修センター
関連資格

国家資格一覧 ・美容・健康の資格一覧

試験日程

試験は年2回実施されます。

【実技試験】2月、8月
【筆記試験】3月、9月

第39回試験

【試験日】
<実技試験>2019年2月1日から
<筆記試験>2019年3月3日(日)

【申込期間】
2018年11月6日~11月28日

【合格発表】
2018年3月29日

試験内容

筆記試験

関係法規・制度、衛生管理、美容保健、美容の物理・化学、美容理論

実技試験

美容の基礎的技術、美容を行う場合の衛生上の取り扱い

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2018年前 5,076人 50.5%
2017年後 18,219人 85.8%
2017年前 5,117人 56.1%
2016年後 18,526人 89.1%
2016年前 5,148人 56.0%
2015年後 18,376人 89.1%
2015年前 5,054人 60.5%
2014年後 18,584人 88.9%
2014年前 5,915人 54.7%
2013年後 19,063人 80.5%
2013年前 7,172人 49.4%
2012年後 18,208人 80.4%
2012年前 5,942人 45.0%

試験の難易度

合格率から見れば5人中4人は合格できる試験なので、それほど難しく感じないかもしれませんが、受験者の全てが美容師学校で2年以上の実習をみっちり積んで万全の体制で試験を挑んでいると考えると、決して楽な試験ではありません。

試験の勉強

勉強法 美容師 勉強法
テキスト
問題集 美容師 問題集

資格を活かせる仕事

美容室で勤務するのが一般的になります。

その他にも、結婚式場やエステティックサロン、エイルサロンでも活躍することができます。

また、美容師の多くが独立を望んでおり、実際に美容室などで経験を積んで、技術力や経営を学び独立することも夢ではありません。

美容師の仕事

美容師の収入

厚生労働省の調査によると、2012年度の美容師の平均年収は「273万円」になります。

他の職種に比べるとかなり低い水準になりますが、美容師の平均年齢が若いので、年齢での平均年収で言うと、それほど安くはありません。

美容師は、技術力・接客力により、収入が大きく変わる実力の世界なので、何もしなくても給料がどんどんアップしていく職種ではありません。

逆に力があれば、いくらでも収入を伸ばすことができるし、独立開業することで、年収1000万円以上稼いでいる人も多数存在するので、夢のある仕事と言えるでしょう。

受験者の口コミ

まだありません。

美容師と一緒に取得したい美容資格

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事