認定エステティシャン試験の難易度・合格率・試験日など

エステティシャンとは、「全身美容を施す美容師」のことで、仕事内容を見ると、フェイシャルトリートメント・ボディトリートメント・脱毛など、容姿を美しくすることを業務としています。

一般社団法人日本エステディック協会が実施しているエステティシャンの資格は4種類あります。その中の1つが認定エステティシャン資格です。

エステティックに関する理論や技術が習得されていることを証明できる資格でエステティック業界で仕事ができることを認める資格となります。筆記試験であるエステティシャンセンター試験に合格してから技術認定の試験があります。

資格取得後にディプロマが付与されます。各認定校でも受験することができます。フェイシャルエステとボディエステに関する理論と技術を習得するために協会認定校での300時間の課程を修了しているまたは実務経験が3年以上あることが資格取得の条件とされています。

合格後は日本エステティシャン協会への入会をして会員更新をしていくことで、資格認定が継続されていくシステムとなっています。

エステティシャンは業務独占資格ではありませんので、資格を取得しなくてもエステティシャンとしての業務を行うことができますが、就職・転職する際に有利になりますので、エステ業界での就業を希望する場合は、できれば資格を取得しておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

認定エステティシャとは

資格名認定エステティシャン
人気調査中将来性調査中
就・転職調査中難易度調査中
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分なし
受験資格日本エステティック協会認定校で1000時間以上のコースを受講など
試験日程認定校により異なる
試験場所全国の協会認定校
試験内容筆記試験、実技試験、面接
免除科目
合格点認定校により異なる
受験料認定校により異なる
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 日本エステティック協会
関連資格

認定エステティシャン試験の試験内容

1次試験(筆記試験)

論述式・120分

2次試験(実技試験)

フェイシャル(手技・機器)、ボディ(手技・機器)、ワックス脱毛、メイクアップ、マニキュア

3次試験

ケースヒストリー(16例)、小論文提出、面接(クライアント4名×4回。フェイシャル2名・ボディ2名)

認定エステティシャン試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

認定エステティシャン試験の難易度

調査中になります。

認定エステティシャン試験の勉強法

認定エステティシャン 勉強法

資格を活かせる仕事

エステサロンをはじめ、化粧品会社やスポーツクラブなどで活躍することができます。特にエステサロンは、近年の癒しブームにより店舗数は年々増え続けており、経験を積むことで独立することも可能です。

ただし、高い技術力を持っているだけでは店舗経営は難しいので、独立開業を目指す人には店舗経営に関する知識やコネクションが必要になります。

エステティシャンの仕事

エステシャンの収入

エステサロンで働く従業員の平均年収は300万円程度と言われています。

完全歩合制のサロンもあるので、実力次第で大幅に収入を増やすことも可能です。

認定エステティシャンと一緒に取得したい美容資格

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

美容・健康の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました