美容薬学検定試験の難易度・合格率・試験日など

美容薬学検定は、特定非営利活動法人日本セルフケア支援薬剤師センターが主催している試験です。

美容関連の薬学の知識があることを証明する試験です。受験資格は特にありません。学歴、職歴関係なく、受検できます。

この検定はいわゆる国家試験ではありません。しかし、サプリメントなどの健康補助食品を扱うお仕事や、化粧品販売やエステなど美容と関わるお仕事に興味がある方や、既にそのお仕事をされている方にお勧めの資格です。

それだけでなく、ドラックストアやインターネットショップの普及に伴い、美容関連の商品は生活に身近なものになっています。それら商品をより適切に使い、自分自身をもっと魅力的にしたいからという理由で受検されても良いでしょう。

また、美容師国家試験や登録販売者試験を受けようと思っている方であれば、国家試験を受験する前の練習としても最適です。

資格そのものも、将来のお仕事とつながりのあることなので、取得しておいて損のない資格です。

スポンサーリンク

美容薬学検定とは

資格名美容薬学検定
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分1級、2級(試験は同じで正解数により振り分け)
受験資格なし
試験日程6月上旬、11月下旬(年2回)
試験場所札幌、東京、大阪、名古屋、福岡、仙台
試験内容筆記試験(5肢択一形式)
免除科目
合格点60%以上の正解率:2級合格
80%以上の正解率:1級合格
受験料6,100円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ特定非営利活動法人日本セルフケア支援薬剤師センター
関連資格

美容薬学検定の試験内容

70問(基礎科目が約30問、専門科目が約40問)

基礎科目

からだの構造・機能に関する問題、皮膚(肌)のトラブルに関する問題、衛生管理に関する問題

専門科目

美容・エステ・コスメなどに関する専門的な用語の問題、化粧品、医薬部外品の美容成分に関する問題、サプリメント・保健用食品などの成分に関する問題

美容薬学検定の受験者数・合格率

調査中

美容薬学検定の難易度

基本的な体の構造や機能、肌トラブルに関する知識だけでなく、衛星管理、サプリメント・保健用食品などの幅広い知識が求められます。

この試験の問題は1級、2級共に同じものを使用し、正解率が70%以上であれば1級、60%以上の場合は2級、それ以下であると不合格というように、正答率によって級が異なります。

このため、70%以上となる49問以上の正答を目指すことが重要となります。

問題はテキストに沿って出題され、合格率もおおよそ80%と高い数値となっているため、しっかりと勉強することができれば難易度はそれほど高くないでしょう。

また美容に関心のある人や美容関係の実務経験を持つ場合には、難易度は低く感じるでしょう。

公式HP内にも「過度に難解な問題は出題されません。」と明記されているので、勉強すれば簡単に取得できる資格です。公式テキストもあるので勉強しやすいと思います。

公式HP内で模擬テスト(300円)も販売されているので、どういったレベルの試験か確かめたい方は購入してみて下さい。

美容薬学検定の勉強法

公式テキストである「美容薬学検定試験 公式ガイド&テキスト」の内容をしっかり理解しておきましょう。

資格を活かせる仕事

この資格を取得したからと言って就職や転職で有利になるような資格ではありませんが、美容業界で働く場合に履歴書に書いておけば、話のネタにはなるのでそこから話を膨らますことで、面接を有利に進めることも可能です。

美容に関する基礎知識をしっかり身につけることができるので、仕事ではもちろん、美容を気にする女性の趣味資格としても最適です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

美容・健康の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました