シューフィッター試験の難易度・合格率・試験日など

衣服の資格

シューフィッターとは、お客さんに足に合う靴を提供する専門家で、提供する他にも、足に関する健康管理(足の疾病予防)も考えなければいけません。

シューフィッターに認定してもらうには、「足と靴と健康協議会」が実施している課題を提出して合格しなければいけません。資格は「プライマリー(初級)」「バチェラー(上級)」「マスター(修士)」の3種類あり、それぞれで求められる知識が異なります。

靴の販売員は全国に大勢いるのに、シューフィッターの資格取得者は年間300人程度しかおらず、業界でも重宝される資格になります。ただ、受験費用が約10万円と高額なので、敬遠されている人が数多く存在していると思われます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名  シューフィッター
評価
資格種別 民間資格
資格区分 初級、上級
受験資格 なし(但し、靴の製造、卸、販売、材料、その他関連、医療従事の経験がある者が望ましい)
※認定されるには靴関連の実務経験3年以上が必要
試験場所 東京・神戸
試験方法 課題
受験料 102,600円
登録・更新 3年毎の更新が必要。シューフィッタークラブに加入している場合は免除
問い合わせ 一般社団法人 靴と健康協議会
関連資格

衣服の資格一覧

試験日程

年2~3回実施(地域により異なる)
※定員になり次第終了

講習内容「プライマリー(初級)」

スクーリング(3日間)、通信講座(3か月間)

課題

問題集「I 靴」、「II 足」の解答を提出、フィッティングトライアルチェックシート(10足分)の提出、足型(50人分)の提出

認定基準

  • スクーリング3日間受講修了
  • 小テストおよび問題集の解答正解率60%以上
  • フィッティングトラアルチェックシート(10足分)の提出
  • 足型(50人分)の審査に合格
  • 靴関連の実務経験3年以上

受験者数・合格率

時期 受験者数 合格率
2014年 292人 80.0%

試験の難易度

課題自体はスクーリングや通信講座をキチンと受講していればさほど難しく感じることは無いでしょう。

試験の勉強

シューフィッター 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

この試験に合格すると、靴を販売する店舗などへの就職が有利になります。

日本は、他の先進国と比較すると、足のために自分に合った靴を履く、という意識が低いと言われています。

近年、健康ブームもあってか、足の健康についても注意を払う人が増えてきました。そのため、自分に合った靴を求める人も多くなっています。ですから、その人の足に合った靴を選べるエキスパート、「シューフィッター」のニーズが高まっています。

靴を扱うのは、靴専門店だけでなく、百貨店やアパレルショップなどもありますので、就職の幅が広がります。シューフィッターの資格を持っていると、これらのお店からも重宝されますので、非常に有利な資格です。

また、シューフィッター試験では、足の機能や構造などを学びますので、生理的、病理的に活かせる知識も身に付けることができます。

この知識は、フィットネスジムや、リハビリ施設などのトレーナーとしても活かすことができます。

その他、靴の製造や修理などにも役立てることができます。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事