サービス接遇検定試験の難易度・合格率・試験日など

「公益財団法人 実務技能検定協会」の行っているサービス接遇検定は、サービス業、接客業に従事している人やこれから従事したい人が取得していると業務で役立つ資格です。

また営業マンなどもお客様と接する機会が多い仕事ですので業務で役立つでしょう。専門学校などは団体で受験するケースもあります。

サービス業務に従事する際に必要となる心構えや応対技術、コミュニケーション力、サービスに対する考え方などがしっかり身についていることを証明できます。試験に合格することで、より満足していただけるサービスを提供することができるようになります。

サービス接遇検定は、3級、2級、準1級、1級があります。受験資格は無いので誰でも受験できます。準1級は面接試験のみ、1級は面接試験と筆記試験があります。

サービススタッフとしての資質やサービスに関する専門知識、一般知識、そして対人技能、実務技能が出題範囲となっています。

スポンサーリンク

基本情報

資格名サービス接遇検定
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルサービス・販売
資格区分1級、準1級、2級、3級
受験資格なし
試験日程6月・11月中旬(年2回)
試験場所全国各地
試験内容【1級】筆記試験(記述式)、面接試験
【準1級】面接試験
【2級・3級】筆記試験(択一式)
免除科目
合格点「理論」と「実技」でそれぞれ60%以上の得点率(準1級を除く)
受験料【1級】5,600円【準1級】3,900円
【2級】3,600円【3級】2,400円
登録・更新
口コミ3件口コミ投稿
問い合わせ公益財団法人 実務技能検定協会
関連資格接客サービスマナー検定ビジネス実務マナー検定ビジネス能力検定ジョブパスビジネス心理検定

試験日

第47回試験

【試験日】2019年6月9日(日)
【申込期間】2019年4月9日~5月7日
【合格発表】2019年6月28日

試験内容

1級

【筆記試験(記述問題)】

  • 理論:サービススタッフ資質、専門知識、一般知識
  • 実技:対人技能、実務技能

【面接試験】
テレセールス、セールストーク

準1級

【面接試験】
基本言動、接客応答、接客対応

2級・3級

【筆記試験(選択問題と記述問題)】

  • 理論:基本言動、接客応答、接客対応
  • 実技:対人技能、実務技能

受験者数・合格率

2018年6月試験(第45回)

区分受験者数合格率
1級678人27.9%
準1級3,021人83.9%
2級9,716人66.7%
3級12,055人67.2%

2017年11月試験(第44回)

区分受験者数合格率
1級660人33.5%
準1級2,585人83.1%
2級10,351人66.8%
3級9,592人61.6%

試験の難易度

合格率で比較してもらえば分かりますが、1級はそれなりに難易度は高いです。2級と3級の筆記試験に関しては一般常識の範囲が大きいので何も対策せずともそこそこの得点は取れるでしょう。

当協会内のホームページ内に過去問の一部が掲載されているので、どの程度難しい試験になるのか気になる方は、一度チャレンジしてみて下さい。

試験の勉強法

当協会が発行している「サービス接遇検定受験ガイド」は、試験対策だけではなく、接遇に関する心構えや応答、対応など実務で活かせれる情報が分かりやすく掲載しているのでオススメです。

 通信講座の紹介

サービス接遇検定は基本的に独学で取得可能な試験にはなりますが、少し勉強して難しいと思われたのであれば「ユーキャンのサービス接遇検定講座」の受講を考えてみて下さい。

試験対策だけではなく、社会人として必要な接客マナーを一から習得できるので、就活の際やサービス業で活躍したいと思っている学生さんにもお勧めの講座です。

資格を活かせる仕事

ホテルの従業員などの接客業全般で活かせれる資格になるので、それらの職種であれば就職や転職時に活用することが可能です。

接客に関する資格の中でも、企業認知度の高い資格になるので取得しておいて損は無いでしょう。出来れば1級を取得しておくと良いでしょう。

受験者の口コミ

アルバイトで居酒屋のホールをしているうちに接客が好きになり、きちんと学んでみたい、できれば資格という形にもしたい、と考えて受験しました。テキストもそれほど厚くもなく手軽に取り組めましたし、合格したことでより自信を持って仕事できるようになったことがよかったなと思います。(20代女性 大学生)
2級はテキストと問題集で簡単に取れます。資格自体がさほど評価されるわけではありませんが接客業の方には勉強になるポイントが多く自己流の脱却になります。(30代男性 会社員)
私が取得するきっかけは、20才で専門店の接客業就職して半月後、直属上司におまえの接客は最低。オレの納得する接客見せてみろと言われ、上司を見返してやりたくて、いわば反発心で取得したのがきっかけです。(笑)
でも接遇のありがたや販売の言葉づかいなど販売員に必用なノウハウがテキストで学べたのが本当に良かったです。その後、上司に良くなったとお褒めの御言葉をいただきました。いまでは、3、2、準1と取得し、販売員の見本として会社から評価していただいております。就職を希望されている方は、すべて社会は人とのつながりなので取得して学ぶといろいろ役にたつことが多いと思います。また接客業を希望されている方は是非ともオススメします。(30代男性 会社員)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

サービス・販売の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました