ハンドラー試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

ハンドラーとは、オーナーから預かった犬をドッグショーに参加させて、いかに犬を美しく魅せるのかということを極めたスペシャリストになります。

ハンドラーには、社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)が認定している民間資格があり、「教士」「A級」「B級」「C級」の4つに分けることができます。(本当は最上位資格に「師範」がありますが、受験者が少ないのでこちらでは省かせてもらいます)

まずC級からスタートしますが、18歳以上で、尚且つJKC会員として1年以上の在籍実績が必要になります。もしくは、養成専門学校に1年以上学ぶことでも、C級の受験資格を得ることができます。どちらを選択するにせよ、C級を受験するには、最低1年以上の期間がかかります。

また、各試験において、生後9ヶ月以上のモデル犬を受験者自身が用意しなければいけませんので、試験を受ける際は事前に用意しておきましょう。

スポンサーリンク

ハンドラー試験とは

資格名ハンドラー
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル動物・ペット
資格区分教士、A級、B級、C級
受験資格【教士】30歳以上で、A級取得から5年以上経過
【A級】B級取得から3年以上経過
【B級】C級取得から2年以上経過
【C級】①18歳以上でJKCの会員歴1年以上②JKC指定の養成専門学校で1年以上勉強のいずれか
試験日程調査中
試験場所調査中
試験内容【教士】実技試験と筆記試験(モデル犬3頭)
【A級】実技試験と筆記試験(モデル犬3頭)
【B級】実技試験(モデル犬2頭)
【C級】実技試験(モデル犬1頭)
免除科目調査中
合格点調査中
受験料非公開
登録・更新5,300円(共通)
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC) 
関連資格トリマー犬訓練士認定ペットシッター

ハンドラー試験の受験者数・合格率

合格率は95%以上

ハンドラー試験の難易度

犬好きな方であれば、養成専門学校できちんと学べばそれほど難しい試験ではありません。

資格を活かせる仕事

ハンドラーの需要が少ない分、ハンドラーとしての業務を行うには、かなりの狭き門になります。

ですので、ハンドラーの資格を取得したからといってハンドラー職をできるとは限りませんので、一般的にはブリーダーやトリマーとして働いている人の割合の方が多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

動物・ペットの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました